/セセニョン:みんなの前でプレーするのが待ちきれないよ

セセニョン:みんなの前でプレーするのが待ちきれないよ

自宅の庭から彼がいまやホームと呼ぶ世界最高峰のスタジアムへ。ライアン・セセニョンの非凡なキャリアはスパーズの元で新たなチャプターを迎えつつある。

このサイドバックはフラムから加入してクラブと2025年までの契約を結んでいる。背番号は19番をつけることになる。

今でも19歳と若いが、ライアンは16歳でシニアデビューを果たしそこで嵐を巻き起こした。最初のシーズンでチャンピオン・シップのベストイレブンに選ばれ、次のシーズンではフラムのプレミアリーグ昇格に大いに貢献しチャンピオン・シップ最優秀選手に選ばれている。この2017/18シーズンではプレミアリーグ以外の選手で初めてPFA最優秀若手選手にもノミネートされている。昨シーズンはプレミアリーグで35試合に出場し、2000年以降に生まれた選手で初めてプレミアリーグで得点を挙げた。

セセニョンはクラブだけでなくイングランド代表選手としてもこれまで旋風を巻き起こしてきた。U-21代表で既に10試合に出場し、イングランドが優勝した2017年のU-19ヨーロッパ選手権では大会優秀選手にも選ばれた。

スパーズの有名な純白のユニフォームを身につけながら、彼はロンドン南西のローハンプトンで過ごした幼き頃の日々と、今同様にフラムでプレーしている弟スティーブンとどこでもフットボールをしていたことを思い出していた。

「僕たちはただ単にフットボールを愛していたんだ」

「僕らが育った街はフットボール、フットボール、とにかくフットボールだった。庭でも野原でも公園でもコンクリートの上でも、どこでもやってたね。」

「そこから6歳か7歳のころ、僕たちはワンドガスという近所のローカルチームに行くようになった。そして8歳のときにフラムにスカウトされ、9歳からそこのアカデミーに入った。ここまでの旅はもう凄まじかったよ。信じられないね。」

彼は今62000人のファンが彼の名を歌うのを心待ちにしている。

「みんなの前でプレーするのが待ちきれないよ。」

「写真では見たけどまだスタジアムに行ったことがないんだ。一刻も早く行きたいね。」

「4月の新スタジアム初試合であるクリスタル・パレス戦をテレビで見たけど素晴らしい雰囲気だね。僕もその一部になりたいよ。」

セセニョンは左サイドバックやウィングバックでプレーができ、既にトップチームで120試合に出場している。

そしてスパーズの何がセセニョンを魅了にしたのだろうか。彼はこう答えている。

「スパーズのプレーの激しさ、ピッチで見せるエナジー、プレースタイルも素晴らしいね。新しいスタジアム、チャンピオンズリーグ、その全てがエキサイティングだよ。こんな素晴らしいクラブに加入しなかったら愚かだろうね!」

彼のシーズンの抱負は何だろうか。

「まず真っ先に、懸命にトレーニングしてチームのみんなから色々学ぶことだね。またクラブに敬意を示し、トッテナムでプレーすることが持つ意味を学びたい。一生懸命練習して自分の居場所を勝ち取り、試合に出場できたらいいね。」

Tottenham Hotspur