/エリック・ダイアー:虫垂炎の手術のために離脱へ

エリック・ダイアー:虫垂炎の手術のために離脱へ

エリック・ダイアーが虫垂炎の手術を受けた。

 

イングランド代表ミッドフィルダーは、腹痛を訴えて急遽メディカル・スタッフの診断を受けることになった。そこで治療を受けたダイアーは診断を経て、虫垂を摘出することになった。

これからしばらくは回復期間に入り、その後、リハビリをスタートさせて、1月にはトレーニングに復帰する見込みとなる。

クラブのメディカル・スタッフ共々、NHS(イギリスの国営医療サービス)の素晴らしい治療に感謝をしたい。