/ファブリツィオ・ロマーノがエリック・テン・ハーグとスパーズの間で実際に起こった出来事を説明

ファブリツィオ・ロマーノがエリック・テン・ハーグとスパーズの間で実際に起こった出来事を説明

もし、スパーズがロジャースを獲得できなかった場合は、現イングランド代表監督のギャレス・サウスゲートも候補に挙がっている。

トッテナムのダニエル・レヴィ会長は、50歳のロジャースの引き抜きに躍起であり、さらにサウスゲートがクラブでの監督に復帰する可能性についても、すでに本人にコンタクトを取って画策しているという。

また、トッテナムの次期監督候補には、外国人監督の名前も挙がっている。ベルギー代表監督のロベルト・マルティネスは、今夏のユーロの後にスパーズの監督に就任することを望んでいると言われている。