/ファブリツィオ・ロマーノがエリック・テン・ハーグとスパーズの間で実際に起こった出来事を説明

ファブリツィオ・ロマーノがエリック・テン・ハーグとスパーズの間で実際に起こった出来事を説明

スパーズがテン・ハーグを獲得する望みはまだあるのだろうか?

今となっては、スパーズがテン・ハーグをノースロンドンに呼び寄せることはできそうにない。

ロマーノによれば、トッテナムはこの48時間の間にテン・ハーグと交渉したが、テン・ハーグ自身がアヤックスとの契約を2023年まで延長する契約条項を発動する意向であることを知らされたという。

新契約にサインしたテン・ハーグは、次のように述べている。

「私が協力している仲間たち、共有しているアイデア、私たちの目標をね。私はここで幸せなんだ。自分のいる場所、つまりアヤックスのことで精一杯だし、私の頭と心のあるのは、ここだけだよ」

このニュースを受けて、スパーズはテン・ハーグへの関心からは引いて選択肢を再検討していると言われている。他の時期監督候補との交渉を、スパーズは間もなく開始するだろう。

他の次期監督候補は?

ユリアン・ナーゲルスマンは火曜日にバイエルン・ミュンヘンの監督就任で合意し、ブレンダン・ロジャースも本人の発言から候補から外れたように見える。

しかし、スパーズはこの北アイルランド人監督をキングパワー・スタジアムから引き離す望みを捨てていないようだ。伝えられるところによると、もしロジャースがノースロンドンへの移籍を決めた場合、スパーズはロジャースの現在の給料を3倍にして、年間1500万ポンドを手にすることになるという。これは、基本給が年間1250万ポンドだったモウリーニョを上回る額となる。