/ファブリツィオ・ロマーノがエリック・テン・ハーグとスパーズの間で実際に起こった出来事を説明

ファブリツィオ・ロマーノがエリック・テン・ハーグとスパーズの間で実際に起こった出来事を説明

トッテナムはジョゼ・モウリーニョの後継者に奔走しているが、アヤックスのエリック・テン・ハーグの最新の決断によって、新たな打撃を受けたようだ。

ここ最近、テン・ハーグがスパーズの次期監督の有力な候補であると発信を続けていたファブリツィオ・ロマーノが、テン・ハーグのアヤックスとの契約延長によって一変したその状況についての発信した情報をまとめた。

エリック・テン・ハーグの最新情報は?

モウリーニョが解任されて以来、51歳のテン・ハーグはトッテナムの監督になる可能性があると言われており、近日中にクラブ(スパーズ)との面談が行われると報じられていた。

だが、今朝(金曜日の午前)、テン・ハーグがアヤックスとの新契約を結び、2023年までオランダの巨人に留まることになったと発表された。

エリック・テン・ハーグはトッテナムを断ったのか?

そうではないようだ。

移籍専門家のファブリツィオ・ロマーノは、テン・ハーグがアヤックスとの契約を延長したのは、スパーズのアプローチを直接拒否したわけではないと発信している。