/ファビオ・パラティチが獲得した空前絶後の補強ベスト10 [Football London]

ファビオ・パラティチが獲得した空前絶後の補強ベスト10 [Football London]

トッテナム・ホットスパーは、数日後にフットボール運営を担当する新しい人物を迎え入れる予定だが、彼はノースロンドンに何をもたらしてくれるのだろうか?

今週、トッテナム・ホットスパーに着任する予定のファビオ・パラティチは、ユヴェントスでの11年の実績を誇っている。

48歳のパラティチは、2010年にテクニカル・エリア・コーディネーターとしてイタリアの強豪クラブに入団し、1年後にスポーツ・ディレクターに就任すると、クラブのスカウティングやユース部門の変革、ユヴェントス・ウィメンやU-23の創設に大きく関わった。

2018年11月、サンプドリアからパラティチを連れてきたベッペ・マロッタが退任した後はチーフ・フットボール・オフィサーの地位に就き、昨年10月からはフットボール部門のマネージング・ディレクターの肩書きになった。

トッテナムでのパラティチの肩書きはまだ発表されていないが、トッテナムは彼がノースロンドンに到着したときに、トリノでの補強の成功を再現してくれることを期待している。

彼はすでにトッテナムと夏の移籍マーケットでの補強プランを始動しており、彼が狙っている補強の資ための金を調達すべく、まずは選手の売却の可能性を検討している。

ところで、パラティチがセリエAの巨人での10年以上の間に、高価なものも安価なものも含めて、いくつかの素晴らしい補強を成立させてきたことには疑いの余地がない。

ここでは、そのベスト10を紹介する。マロッタとの共同作業で実現したであろう古い補強もあれば、将来的に大きな成功を収めるであろう最新の補強もある。