スパーズ、韓国にてファンサービス・イベント開催
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check 公式ニュース2017年5月23日
トッテナム・ホットスパーは、韓国のソウルにて23日から25日までの期間でクラブのポストシーズン・プログラムを開催する。

5月25日(金)に香港で傑志SCとの親善試合を控えるなか、スパーズの4人のファーストチームの選手がソウルを訪問。その4人とは、母国凱旋となる韓国代表のソン・フンミンの他、カイル・ウォーカー、ベン・デイビス、ケヴィン・ヴィマー。4人はソウルでのイベント参加を経て、香港に向かう旅程となる。
 
ソウルでは、現地のファンとの交流が予定されており、世界に150団体が存在するうちの1つ、韓国のオフィシャル・サポーターズクラブも参加する。クラブのオフィシャル・パートナーで韓国やアジアで強力な認知度を誇るAIAやクムホ・タイヤとの協賛イベントも予定されている。

スパーズの韓国訪問について、ダニエル・レビィ会長のコメント。

「2005年の公式訪問以来となる韓国への訪問をクラブは楽しみにしています。韓国において、私たちはとても多くのファンベースを持っており、そんなファンの皆様とファーストチームの選手たちがお会いし、その素晴らしいサポートに感謝を伝える機会になります」

続けて、韓国代表フォワードのソン・フンミン。

「スパーズのチームメイトとの、とてもエキサイティングな母国凱旋になるね。韓国流の生活をチームメイトに見せるのが楽しみなのさ。必ず、韓国のファンのみんなが温かい歓迎をしてくれるよ。楽しみで待ちきれないね」


スパラボで選手や監督の詳しい情報をチェックしよう!