BBCプレビュー、ハル対スパーズ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check スパーズ関連のメディア報道・その他2017年5月21日



■負傷者情報/ハル

エバンドロ、ハリー・マグワイア、そしてアベル・エルナンデス は負傷欠場。

他の離脱者は、ウィル・キーン、ラザル・マルコヴィッチ、ライアン・メイソン、デイビッド・メイラー、モーゼス・オドゥバジョ。


■負傷者情報/トッテナム・ホットスパー

フルバックのキーラン・トリッピアとカイル・ウォーカーの復帰は様子見。

木曜のレスター戦で休養したクリスチャン・エリクセンは戦線復帰の模様。フィリプ・レズニアクは先発の可能性も。



■BBC『マッチ・オブ・ザ・デイ』コメンテイター、マーチン・フィッシャー氏のマッチ・プレビュー

昨シーズンの最終戦で、トッテナムは既に降格が決まった相手のホームへ出向き、5-1で敗れている。スパーズがそのような雷(いかずち)に再度撃たれることはまずないだろう。

一年前のスパーズは、優勝争いでレスターを追いかける戦いのなか、肉体的にも精神的にも疲れ果てていた。今のスパーズは遥かに良い状態にある。木曜の試合で6失点で打ち負かされたレスター自身がそれを証明していると言える。

ホームのサンダーランド戦に敗れ、ハルは一年でチャンピオンシップへの逆戻りすることが確定。

彼らの未来は厳しいものに見える。マルコ・シルバ監督は既に他チームの監督就任の噂があがっている。ハリー・マグワイア、サム・クルーカス、アンドリュー・ロバートソンらもまた他チームのターゲットとなるだろう。フットボール以外の点でも、オーナー問題が依然未解決で残されている。

プレミアリーグを戦うのはこの試合を最後に当分ないかもしれない。



❏マルコ・シルバ監督インタビュー

我々のファンの前でシーズンでいい終わり方をするために、選手たちにはモチベーションを持って戦って欲しいね。

そこに我々は集中している。もちろん、現時点でいい位置に付けているチームを相手に戦うことになる。

トッテナムは非常にいいシーズンを過ごし、本当にいいフットボールをしている。だが我々はファンに今シーズン最後のいい結果をプレゼントしたいんだ。


❏マウリシオ・ポチェッティーノ監督インタビュー

クラブに留めておきたい選手たちは留めておくよ。売る意向のある選手たちは多分売るだろうね。

大事な選手たちの去就については本当に安心しているし、彼らもここで非常に満足しているよ。

本当にワクワクするプロジェクトを進めている途中なんだ。



■過去の対決

-2008年10月に行われた両者のプレミアリーグでの初対決はハルが制している。が、それに続くプレミアリーグでの8度の対戦ではトッテナムの6勝2分け
-タイガーズはプレミアリーグでのトッテナム戦9試合で5得点をあげたのみ。1試合で2得点以上はなし


■最近の戦績/ハル

-マルコ・シルバ監督の下、17試合で21ポイントを獲得。同監督就任以来の成績の比較では、プレミアリーグ内の他8チームを上回っている
-今シーズンのクリーンシートは5つのみ。トップリーグでは最小
-今シーズン13ペナルティキックを献上。プレミアリーグでの同一シーズンの記録としては最悪。そのうち、11が得点に繋がっている
-ハルがシーズンの最終戦をホームで行うのは5回目。これまでの4回は無得点に終わっている
-4度以上プレミアリーグ降格チームでプレーする選手としては、カーティス・デイビスは13人目


■最近の戦績/トッテナム・ホットスパー

-トップリーグを2位で終わるのは1962-63シーズン以来初めて
-シーズン最終戦をアウェイで戦った過去8試合のうち6試合を落としている。昨シーズンは既に降格が決まったニューカッスルを相手に5-1の敗戦
-今シーズン喫した失点は25。シーズンを通してのクラブの最少失点記録は1908-09シーズンと1919-20シーズンに達成された32失点。両シーズンとも2部で戦ったものだった
-既にプレミアリーグでのクラブ記録を達成したものは、最多獲得ポイント(83)、最多勝利(25)、最多得点(79)、そして最多クリーンシート(17)
-ハリー・ケインはプレミアリーグで2シーズン連続25ゴール以上をあげた5人目の選手。これまでの4人は、ロビー・ファウラー、ティエリー・アンリ、アラン・シアラー、ロビン・ファン・ペルシ
-クリスチャン・エリクセンはここ3試合のハル戦で3ゴールをあげている



❏SAMの予想:0-2でスパーズの勝ち

引き分けの確率18%。ハル勝利の確率12%。スパーズ勝利の確率70%

SAM(スポーツ・アナラシス・マシーン):サルフォード大学のマクヘイル教授によって開発された、フットボールの結果予想用のスーパーコンピュータ