BBCプレビュー、レスター対スパーズ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check スパーズ関連のメディア報道・その他2017年5月18日



■負傷者情報/レスター

センターバックのウェズ・モーガンとロベルト・フートは、それぞれハムストリングと足の故障のため木曜は欠場。

ハムストリングに問題を抱えるアンディ・キングも離脱。ダニー・ドリンクウォーターとナンパリス・メンディは依然出場不可。


■負傷者情報/トッテナム・ホットスパー

キーラン・トリッピアは、脳震盪のため離脱。同じ右サイドバックのカイル・ウォーカーは足首の問題で欠場。

ムサ・デンベレは休養。膝の手術を受けたダニー・ローズは欠場。



❏クレイグ・シェイクスピア監督のインタビュー

選手たちにはトンネルの終わりの光明が見えているよ。

彼らの態度やプロとしての心構えについては以前に言及したが、出来るだけ上位で良い終わり方ができるよう期待している。

スパーズはマンチェスター・シティと実に似通っている。進化しているし、ボールを持って持たなくても非常に強いからね。



❏マウリシオ・ポチェッティーノ監督のインタビュー

来シーズンもここにいるよ。随分と噂が飛び交っているが、私はトッテナムにコミットしているし、このクラブを離れる理由なんかないね。

来シーズンも残ってもらいたい選手たちはみな残るさ。おそらく何人かにはオファーが来るだろうが、売るかどうかは我々(コーチ陣)が決める。

来シーズンは全く違ったものになるだろう。ライバルたちはみなスカッドを改善しようとするだろうからね。



■過去の対決

-レスターがホームにスパーズを迎えた試合で最後に勝ったのは、2002年5月フィルバート・ストリートでの最後の公式戦で、2-1の勝利
-プレミアリーグでの両者の対決は、全3試合でスパーズは負けなし(2勝1分け)
-フォクシーズが、前回、木曜にホームにスパーズを迎えたのは1935年3月のこと。その試合は6-0で勝利している


■最近の戦績/レスター

-この試合に勝てばプレミアリーグでホーム6連勝となる。これは1966年3月以来初めて
-クレイグ・シェイクスピア監督のもと11試合で22ポイントを獲得。クラウディオ・ラニエリ監督が率いた開幕からの25試合では21ポイントだった
-前年王者のポイント獲得数としては最低ポイントを記録することになる。今シーズンは最高でも49ポイント止まり
-この試合に負ければ今シーズン18敗目。38試合を行うトップリーグのディフェンディング・チャンピオンとしては、1906-07シーズンにリバプールが記録した最多敗戦数に並ぶ



■最近の戦績/トッテナム・ホットスパー

-プレミアリーグ近々の11試合で1敗したのみ
-しかしながら、ここ6試合のアウェイ戦のうちサンダーランド、リバプール、ウェストハムに3試合無得点で終わっている
-プレミアリーグで今シーズン喫した4敗は全てアウェイゲーム。この試合に負ければ今シーズン2度目のアウェイ2連敗となる
-今シーズン木曜にプレミアリーグを戦った全6試合で無敗(5勝4分け)
-この試合に勝利すれば、昨シーズンの王者レスターが達成した81ポイントを上回ることになる