ハリー・ケイン、僕らの素晴らしいスタジアムにお別れ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check 公式ニュース2017年5月15日
「純製スパーズ(One of Our Own)」の地元出身ストライカー 、ハリー・ケインはホワイトハート・レーンの最後のカーテンが閉じようとするなかで最後のコメントを発している。

後半開始3分にこの試合の決勝ゴールを決め、今シーズンの全公式戦で28ゴール目、プレミアリーグでは22ゴール目を記録し、得点王争いの首位に立つロメル・ルカクとの差を2ゴールに詰めたハリー・ケイン。

スパーズに2ゴールはともにクリスチャン・エリクセンが起点となってのもの。前半、エリクセンのショートコーナーから、ベン・デイビスがクロスをあげてヴィクター・ワニアマの頭でゴールネットを揺らしたスパーズ。その後、ケインのシュートはクロスバーを直撃し、デレ・アリとソン・フンミンのシュートはダビド・デヘアに阻まれている。

この勝利によってスパーズはプレミアリーグの2位が確定。レーンでの最後のシーズンをリーグ戦のホーム19試合とカップ戦のホーム4試合で無敗の偉業を成し遂げている。

試合後にこの名誉を語るハリー・ケイン。

「エモーショナルな一日だったけど、素晴らしいフィニッシュだよ」

「決勝ゴールを決め、試合に勝利できて、ここでは無敗だったわけだから、特別なことさ」

「感慨深い気持ちだよ。これでみんなが家に帰ると、きっと悲しみがこみ上げてくるんだろうね」

「2位の座も確保した。まだ2試合を残しているけど、これで存分に楽しめるね。昨シーズンからの進化だ。この調子でこれからも前進を続けないとね。ハードに鍛錬を続けて、もっと上達できるようにね。来シーズンは首位でフィニッシュしたいよ」

「僕らにとって本当に素晴らしかったスタジアムにこれで別れれを告げることになる。これ以上のカタチはないよ」


スパラボで選手や監督の詳しい情報をチェックしよう!