ロウロのプレミア予想、ウェストハム対スパーズ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check スパーズ関連のメディア報道・その他2017年5月 5日



プレミアリーグ第36節の予想。ゲストにはインディーズのロックバンド『カサビアン』のメンバーから、トム・メイガン氏とサージ・ピッツォーノ氏をお迎えします。

メイガン氏とピッツォーノ氏は地元のチームであるレスター・シティのファンで、昨シーズンのフォクシーズの優勝パレードの際にバンドとして演奏しています。メイガン氏はBBCスポーツにこう語っています。

「僕のレスター・ヒーローのリストのトップに来るのはスティーブ・ウォルシュ(1986年から2000年にレスターでプレー)だよ」

続いてピッツォーノ氏はこう付け加えています。

「レスターの全歴史上のベストチームがどんなチームでも、ウォルシュはキャプテンになるよ。もちろんマジー・イゼットもヒーロー・リストに入るね。エミール・ヘスキーもだ。そして当然、昨シーズンのベスト11全員も。お望みならいくらでもあげられるよ。少しばかり時間はかかるけどね」

間髪を入れずにメイガン氏。

「彼らはアンタッチャブルだね」

今シーズン、レスターはタイトル維持に苦戦し、プレミアリーグを制したクラウディオ・ラニエリ監督は1月に解任になりました。しかしながらフォクシーズは、チャンピオンズリーグでは他のプレミアリーグのクラブより上の準々決勝まで進出。メイガン氏はこう語っています。

「現実とは思えないよ。チャンピオンズリーグでここまで上に行けるとは、もう夢物語だね。準決勝もそう不可能じゃないところまで行った」

「現実に引き戻される時もしばしばあったけど、ここ数ヵ月はまた上向き始めた。今シーズンもまた素晴らしいシーズンだった」

「次はどうなるかって?トップ4かな。今シーズン成し遂げたもの上に築いて行かなければ。そうして前進するんだ」

レスターがプレミアリーグに戻って来た最初の2014-15シーズンには、終了間際の怒涛の追い込みで降格を逃れています。今回も数字的にはまだ残留が決定したわけではありません。それについては、ピッツォーノ氏はこう語っています。

「レスターにこれ以上何を期待すべきかなんて、もう簡単には言えないよ」

「リーグ優勝して、残留争いして、チャンピオンズリーグで準々決勝まで行った。次に何ができるのかなんて、分かったもんじゃないよ」



■プレミアリーグ対戦カード/ロウロの予想/トムの予想/サージの予想

5月5日(金)
ウェストハム対トッテナム・ホットスパー/0-2/0-3/0-2 


5月6日(土)
マンチェスター・シティ対クリスタルパレス/3-0/1-1/3-0
ボーンマス対ストーク/1-1/2-0/2-1
バーンリー対ウェストブロム/1-1/0-0/1-0
ハル対サンダーランド/2-0/0-2/2-0
レスター対ワトフォード/2-0/3-0/2-1
スウォンジー対エバートン/2-1/2-2/1-1


5月7日(日)
リバプール対サウサンプトン/2-0/2-1/1-0
アーセナル対マンチェスター・ユナイテッド/1-1/0-2/0-2


5月8日(月)
チェルシー対ミドルスブラ/3-0/4-1/4-0



❏ロウロの解説、ウェストハム対スパーズ

ウェストハムはここ11試合で勝ったのはひとつだけだ。スラベン・ビリッチ監督の将来に関する憶測もなくなりそうにないな。

トッテナムの方は、ただひたすら勝ち続けてるね。ロンドン・スタジアムで3ポイント拾えば、10連勝だ。

スパーズはそう多くは失点しないし、勝ち方も結果もそのものも見事だね。今の調子じゃ彼らの方につかないってのは難しいな。

それでもタイトルはトッテナムの手の届かないところだろう。チェルシーがコケるようには見えないからね。だが、マウリシオ・ポチェッティーノの方もポイントを落とすようには見えんな。


❏ロウロの予想 0-2でスパーズの勝ち


❏トムの予想

トッテナムはぶっ飛んでるね

0-3でスパーズの勝ち


❏サージの予想

0-2でスパーズの勝ち