デレ・アリ、PFAヤング・プレーヤー・オブ・ザ・イヤー受賞
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check 公式ニュース2017年4月24日
デレ・アリが2シーズン連続でプロフェッショナル・フットボーラーズ・アソシエイション(PFA)のヤング・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーの栄冠に輝いた。

2シーズン連続の受賞は、ライアン・ギグス(1991−92シーズン、92−93シーズン)、ロビー・ファウラー(1994−95シーズン、95−96シーズン)、そしてウェイン・ルーニー(2004−05シーズン、05−06シーズン)に次ぐ、4人目の快挙となる。

スパーズでは初の2シーズン連続受賞となり、2012-13シーズンにPFAプレーヤー・オブ・ザ・イヤーとヤング・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーのダブル受賞を果たしたギャレス・ベイルでも、2シーズン連続の受賞は果たしていなかった。

チームメイトのハリー・ケイン、マイケル・キーン(バーンリー)、ロメル・ルカク(エバートン)、ジョーダン・ピックフォード(サンダーランド)、レロイ・サネ(シティ)と、候補者にノミネートされていた21歳のデレ・アリ。

2シーズン連続でプレミアリーグのタイトル争いに貢献するイングランド代表ミッドフィルダーは、土曜日のFAカップ・セミファイナル、チェルシー戦でゴールを決め、全公式戦で20ゴールを記録。プレミアリーグでは31試合(うち先発は29試合)に出場して16ゴールを決めている。

スパーズの選手では、PFAヤング・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーの獲得は5人目で、今回が6度目となる。初めての受賞は1979−80シーズンのグレン・ホドル。そして近年は、スパーズがこの賞を独占。カイル・ウォーカー、ギャレス・ベイル、ハリー・ケイン、そしてデレ・アリによって、過去6シーズン中5度の獲得を占めている。


❏スパーズのPFAヤング・プレーヤー・オブ・ザ・イヤー獲得歴
1979-80シーズン グレン・ホドル
2011-12シーズン カイル・ウォーカー
2012-13シーズン ギャレス・ベイル
2014-15シーズン ハリー・ケイン
2015-16シーズン デレ・アリ
2016-17シーズン デレ・アリ


スパラボで選手や監督の詳しい情報をチェックしよう!