【訃報】ウーゴ・エヒオグ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check 公式ニュース2017年4月22日
深い悲しみのなか、U-23スパーズの監督を務めるウーゴ・エヒオグの死亡をお伝えします。

木曜にトレーニング・センターで心拍停止となり、その場で緊急治療を受けた後、病院に搬送されたウーゴですが、金曜の早朝に病院で息を引き取りました。

選手育成部門のヘッドを務めるジョン・マクダーモットは次のようにコメント。

「クラブ全体に立ち込めるこの衝撃と悲しみは、表現する言葉が見つからないほどだ。ウーゴのその計り知れぬ存在感は、替えの効かないものだ。妻であるジェマとご家族に、心からお悔やみを伝えたい」

クラブはウーゴのご家族への深い哀悼の意を表します。

妻のジェマからは、悲しみの時を過ごすご家族のプライバシーを守るように依頼を受けています。

クラブは、ウーゴの治療にあたったノース・ミドルセックス大学病院、ロイヤル・ブロンプトン病院、ヘアフィールド病院の医療スタッフの皆様への感謝の意を伝えます。


スパラボで選手や監督の詳しい情報をチェックしよう!