BBCプレビュー、スパーズ対サウサンプトン
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check スパーズ関連のメディア報道・その他2017年3月19日



■負傷者情報/トッテナム・ホットスパー

故障のストライカーのハリー・ケインに替わって、ソン・フンミンが先発に期待される。

ミッドフィルダーのムサ・デンベレは体調万全も、軽度の打撲を負ったカイル・ウォーカーとヴィクター・ワニアマは微妙。


■負傷者情報/サウサンプトン

新たな負傷者はなし。先週ワトフォードを倒したチームと同じ先発の模様。

肩を負傷していたストライカーのチャーリー・オースチンは復帰に近づいている。ディフェンダーのフィルジル・ファンダイクは依然長期離脱。



■BBCコメンテイター、サイモン・ブラザートン氏のマッチ・プレビュー

先週のミルウォールを撃破した試合の代償は、トッテナムにとってかなり高くついた。スター・ストライカーのハリー・ケインを4〜6週間失うことになったのだ。

今シーズン2度目の離脱となる。首位につけているチェルシーへの挑戦を何らかの形でも続けたいのなら、ここで他の選手が立ち上がらなければいけない。すでに今シーズン、スパーズはプレミアリーグ9試合をケイン無しで戦っている。その9試合では、3勝8ゴールをあげたのみだ。

得点力に関してサウサンプトンには問題がない。ここ2試合のアウェイでサンダーランドとワトフォードに勝ち、それぞれ4ゴールずつ決めている。

セインツは昨シーズンのこのカードにおいて2-1で勝利し、マウリシオ・ポチェッティーノに初めての古巣への敗戦を味合わせている。



❏マウリシオ・ポチェッティーノ監督インタビュー

ハリー・ケインが復帰するまでの間の策を見つけなければいけない。プレッシャーに耐えられる選手は揃っているし、ソニー(ソン・フンミン)やフィンセント(・ヤンセン)とってはまたとないチャンスだ。

心配はしていないよ。我々の状態は良い。(前回ハリー・ケインが負傷した時とは)違ったことになると望んでいるよ。今はチームがあの時とは全く違っていると思っている。あれは9月のことだしね。

ユーロのあとで難しいプレシーズンだった。今は全く違ったレベルにあるんだ。チームはより堅固になっている。あの時期からは大いに改善しているよ。



❏クロード・ピュエル監督インタビュー

トッテナムはホームで多くの勝ち星をあげているし、我々にとってはいいチャレンジになるね。

我々がどれだけ前進したかを見るのはとても興味深いよ。2週に1試合のペースで集中を切らさないのは難しいことだが、トッテナム戦でいい結果を残すことが大事だ。


■過去の対決

-サウサンプトンはプレミアリーグでトッテナム相手のここ9戦で1勝したのみ。2016年5月にホワイトハート・レーンで2-1の勝利
-プレミアリーグでトッテナムのホームを訪れた17試合でセインツは3勝したのみ
-サウサンプトンは、リーグでスパーズを相手にしたアウェイここ25試合で、クイーンシートは1つのみ


■最近の戦績/トッテナム・ホットスパー
-現在プレミアリーグのホームで、クラブ記録となる9連勝中
-トップリーグで開幕からホーム14試合で無敗。これは1964-65シーズン以来の記録
-ホワイトハート・レーンでのその14試合で喫したゴールは7つのみ
-トップリーグでのシーズンでこの時期で現在の戦績を上回ったのは、1960-61シーズンのみ。その年は優勝している


■最近の戦績/サウサンプトン
-昨シーズンの63ポイントに並ぶためには、残り12試合最高36ポイント中30ポイントを獲得しなければならない
-最後に3試合連続4得点を決めたのは1980年12月のこと。その中にはホワイトハート・レーンでの4−4の引き分けが含まれる
-マノロ・ガッビアディーニはここ7試合の出場で9得点。サウサンプトンでのプレーで4試合で6得点、前所属クラブのナポリで3試合3得点
-このイタリア人ストライカーは、ミッキー・クイン、ディエゴ・コスタ以来3人目のプレミアリーグ・デビュー戦から4試合連続得点を目指す


❏SAMの予想:1-0でスパーズの勝ち

引き分けの確率21%。スパーズ勝利の確率64%。ウェストブロム勝利の確率15%

SAM(スポーツ・アナラシス・マシーン):サルフォード大学のマクヘイル教授によって開発された、フットボールの結果予想用のスーパーコンピュータ