ウーゴ・ロリス、パーフェクト・デイ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check 公式ニュース2017年3月 8日
チャンスをモノにして3ポイントを獲得し、スパーズでの200試合出場を記録したウーゴ・ロリスは、3-2での勝利となったエバートン戦の後に笑顔でインタビューに応じた。

ハリー・ケインが2ゴールを決めて、今シーズンのプレミアリーグ19ゴール目。さらにデレ・アリの追加点は13ゴール目。この3ゴールで好調のエバートンを沈めている。

ロナルド・クーマン監督のトフィーズは、ここ9試合で無敗という勢いでホワイトハート・レーンに乗り込んできたが、前半のうちに2-0でスパーズがリードし、返り討ちに。81分にロメル・ルカクのゴールで点差を縮めるも、92分にデレ・アリが3-1とするゴールで勝負あり。終了間際にエバートンが1点を返すも、結果は揺るがず。試合は3-2で終わっている。

「終わった時に3ポイントを獲得できた最高の感触を味わったよ」

「チャンスを失敗することなく決めることができたね。アーセナルとマンチェスター・ユナイテッドが勝ち点を取りこぼしていたから、ここで差をつけることが重要だったし、良い気分だよ」

「パフォーマンスも・・・、ルカクのゴールまでは、最高のチーム・パフォーマンスだった。2-1になったけど、プレミアリーグらしい、何でも起こりうる展開だったね」

「3-1にした時にも僕らのスイッチをオフにすることは許されなかったのに、相手のフリーキック(で93分に3-2と追撃)を許してしまった。それでも3ポイントを獲得できたし、それが目標だったからね。これから良い気分でしっかりと休めるよ」

この勝利によってプレミアリーグでホーム9連勝を飾ったスパーズ。それは1992−93シーズンからプレミアリーグになって以降のクラブ記録を更新したことになる。これ以前の記録は、2009年の3月から8月にかけての8連勝だった。

「チームにとってとてもポジティブなことだね」

そしてこの試合はロリスが2012年9月にスパーズでデビューをしてから200試合目の出場。

「良い記録だね。試合の前にも言ったけど、僕のトッテナムでの200試合出場より、結果が重要だ。でも、シャンパンのボトルを開けて、家族と祝杯をあげられるよ!」


スパラボで選手や監督の詳しい情報をチェックしよう!