BBCプレビュー、スパーズ対ヘント
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check スパーズ関連のメディア報道・その他2017年2月23日



■負傷者情報/トッテナム・ホットスパー

木曜のヨーロッパリーグ・ラウンド32の第2戦でKAAヘントをウェンブリーに迎えるにあたって、レフトバックのダニー・ローズとミッドフィールダーのエリク・ラメラを欠くことになる。

1月にサンダーランドと0-0で引き分けた試合で膝を負傷したローズは、それ以降、4試合を欠場。一方、ラメラは腰の故障で10月構成離脱。



■BBCプレビュー

試合は英国時間で20時5分(日本時間金曜早朝5時5分)にキックオフ。スパーズは第1試合を終えて1-0を追うことになるが、ホームではベルギーのチームを相手に負けたことは無し。

スパーズのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、この試合を『ウェンブリーでのもう一つの決勝戦』とし、こう語っている。

「次のラウンドに進む道を見つけるために、全ての力を注ぎこんでいかなければね」

「ダニーは回復しつつあり、リハビリを続けているよ。でも、フルに練習に参加できるには、まだ何週間かかかるね」

「エリクも進展を見せている。今はフィールドに出て練習してるよ。いつチーム練習に完全復帰できるかは確かじゃないんだ。回復具合を見守っていくよ」



■ハリー・ケイン・インタビュー

「ウェンブリーを本当のホームのように感じなければ」

木曜のウェンブリーでの試合のチケットは完売。スパーズはこのナショナル・スタジアムを自分たちのホームにできると、ストライカーのハリー・ケインは信じている。

来シーズン、プレミアリーグ、国内カップの全ての試合でウェンブリーを使用するかの決定が下されるのは3月下旬。2018-19シーズンに新スタジアムが建つトッテナム地区へ戻ってくる計画だ。ケインはこう続けている。

「来シーズン、どのようになるかは分からないからね。ウェンブリーでプレーすることをできる限り自分たちにとってプラスに持っていって、ウェンブリーででできるだけ多くの勝利をおさめて、自信に繋げていくだけだよ」

「プレ―を重ねれば重ねるほど経験になって、いろいろな大会でも先に進める。それを目指してやっていくのが大事なんだ」

ケインのハットリックで、日曜のFAカップのフラム戦では3-0の勝利。ノースロンドンのクラブには4試合ぶりの勝ち星だった。

「世間はたまたま上手くいっただけだと言う声もあるね。リバプールのアウェイ・ゲームに一つ負けて、ヘントのアウェイも負けた。でも、そっちはひっくり返せるさ」

「木曜に勝利すれば凄く嬉しいことだし、最終的にはそれほど悪いことじゃないよね」

「もちろん、シーズン通して完璧なプレーはできないよ。いい時もあれば悪い時もある。問題はそれを極力少なくして、願わくはシーズンの残りはずっと上向きでありたいね」