ロイ・ホジソン、ジャック・ウィルシャーの影
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check スパーズ関連のメディア報道・その他2016年3月26日



夏にヨーロッパ選手権を控えるイングランド代表のロイ・ホジソン監督は、エリック・ダイアーにジャック・ウィルシャーの影としての立ち位置を脱却して欲しいとの期待を明かしている。

ベルリンでのドイツ代表との親善試合に、ハリー・ケイン、デレ・アリ、ダニー・ローズとともにエリック・ダイアーも先発することが予定されている。

今シーズン、スパーズとイングランド代表で46試合に出場し、スパーズのプレミアリーグ2位に貢献しているダイアーだが、それでもホジソンにとって今シーズンの公式戦で出番が無いウィルシャーがユーロでのファーストチョイス。

今回はレスター・シティのダニー・ドリンクウォーターを招集し、おそらく来週火曜日の夜のオランダ戦でチャンスを与えると見られている。

ダイアーは11月のフランス戦でスリーライオンズでのデビューを果たし、勝利に貢献。ドイツ戦に出場すれば3キャップ目となる。

記者会見の席で22歳のダイアーへの評価について問われたホジソンは、次のようにコメントしている。

「フランス戦でもしっかりとやってくれたし、トッテナムでもそうだよね。とても好印象を抱いているからこそ、私は彼と、そしてレスター・シティで似た役割をこなしているドリンクウォーターを招集したんだ」

「2人はまだジャック・ウィルシャーの影だよ。負傷する前の彼は代表で本当に良くやっていたからね。3人がともにユーロに出場可能な状態になったら、3人すべてを呼ぶことはできないから嬉しい悲鳴だね」

「エリック・ダイアーはセントラルディフェンダーでキャリアをスタートさせたが今はひとつ前のポジションに移っている。セントラルディフェンダーは、このポジションでの守備において鋭いセンスを発揮することがあるんだ。彼は判断力に優れ、ボールを早く動かし、適切なポジションに入ることができる」

「それに加えてチームに高さをもたらすこともアドバンテージだ。トレーニングでセットプレーの練習をしていても分かることだが、我々はとても大柄の選手が揃ったチームだ。相手のマークに誰を付けるかをずっと悩んできたが、エリック・ダイアーならその役割をこなせるだろう」