ポチェッティーノ、パーフェクトなバランス
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check 公式ニュース2016年3月21日
ボーンマスに3-0で勝利したスパーズの戦いぶりを「突出したパフォーマンスだった」と総括するマウリシオ・ポチェッティーノ監督。

キックオフから45秒。カイル・ウォーカーのクロスにハリー・ケインがピンポイントで合わせてボーンマスのゴールネットを揺らし、スパーズが一気呵成に形勢有利に。

このゴールがケインの今シーズンのプレミアリーグ20ゴール目で、2シーズン連続での20ゴール到達は、スパーズではビッグ・チブことマーティン・チバースが1970-71シーズンと1971-72シーズンに成し遂げて以来の偉業となる。

さらにシーズン21ゴール目までもそれほど時間を要さなかった。デレ・アリのパスを受けてゴールを決めたハリー・ケイン。さらに後半7分にミドルシュートでアルトゥル・ボルツの守るゴールを強襲すると、ボルツが弾いたところをクリスチャン・エリクセンが押し込んでスパーズに3ゴール目が生まれている。

試合を終えてのスタッツは、スパーズが63%のポゼションで17本のシュートを放ち、一方のボーンマスのシュートは2本。首位レスターとの勝ち点差は5ポイントとなっている。

「開始早々のゴールに助けられたと思うよ。試合の主導権を握っていたし、結果に相応しい内容だったね」

「常にできるだけ早い時間帯にゴールを決めることを狙っているが、今日はそれが達成できたわけだ」

「そこからのパフォーマンスは良かったし試合をコントロールし、チャンスを作っていたし、本当に誇らしいね」

「このチームはファンタスティックさ。選手たちは毎週、その献身さをプレーで見せてくれる。今日だけじゃなく、シーズン当初からずっとね」


❏攻撃面ではなく、ボーンマスのシュートチャンスを2度に抑えた守備について。

「確かに我々はコントロールしていたよ。プレミアリーグではどの試合もハードだが、我々はチームの完成度を見せたし、オフェンスでもディフェンスでも、どちらの局面でもパーフェクトなバランスを披露したね」


❏ハリー・ケインの2ゴールについて。

「彼は最高のストライカーだ。彼にはとても満足しているよ。スペシャルな選手なのさ。彼はトッテナムの象徴。彼のプレー、ファイト、スキル。どれをとってもファンタスティックな選手さ」

❏イングランド代表にスパーズから5人の選手が呼ばれたことについて。

「イエス、とても誇らしいことだ。ナショナルチームにとって、まさに我々のように優れた選手を有することは重要だし、我々は誇るべきだろう」


スパラボで選手や監督の詳しい情報をチェックしよう!