BBCプレビュー、ウェストハム対スパーズ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check スパーズ関連のメディア報道・その他2016年3月 2日
■負傷者情報 / ウェストハム

トッテナム戦でフォワードのディアフラ・サコは11月に太腿を負傷して以来初めてスカッド入りが可能か。

サム・バイラムは出場停止。一方、ウィンストン・リードとジョーイ・オブライエン、ジェイムズ・トムキンス、エネル・バレンシアは負傷で離脱。


■負傷者情報 / トッテナム・ホットスパー

足に故障を負ったデレ・アリは体調が整わないかと思われる。

トム・キャロルは足首の故障から回復。一方、鼠けい部を負傷のムサ・デンベレは土曜のアーセナル戦には復帰の見込み。


■マッチ・プレビュー(BBCコメンテイター、ジョナサン・ピアース)

10月に遡るが、マウリシオ・ポチェッティーノ監督に何故トッテナムは目標をトップ4だけにしているんだと質問したことがある。試合中継のコメントの中でも、私は彼らにリーグタイトルを獲るだけの力はあると言っていたよ。彼は慎重だったね。

それ以来、私は何ヵ月もそう言いつづけてきた。彼らがこの試合に勝っておよそ半世紀ぶりの7連勝を達成し、さらにアーセナルを倒せば、タイトルを手中にしたも同然かもしれない。

しかし何と言う対戦だろう。ウェストハムは素晴らしいフットボールをしている。8月以来ホームでは無敗だ。これはアプトン・パークでの最後のスパーズとのダービーになる。ライトの下でスタジアムの盛り上がりは特別なものとなるだろう。パイエはフットボーラー・オブ・ザ・イヤーを獲得できるかもしれない。

この試合、ハマーズは楽勝かもしれない。そしてタイトルレースはまた行方が分からなくなるだろう。


❏スラヴェン・ビリッチ監督インタビュー

(近年のサポーター同士のトラブルについて)

「双方のクラブにとってビッグマッチだね。向こうもこちらもいい順位につけているから、いい試合になるはずだよ。」

「言いたいことは、ファンの皆様には我々を支えていてほしい。チームをそしてクラブを支えてほしい。ポジティブな方法でね」

「ファンは我々のクラブのアンバサダーなんだ。我々はビッグで偉大な、そして礼節のあるクラブだということを示すことができる」


❏マウリシオ・ポチェッティーノ監督インタビュー

(クラウディオ・ラニエリの『真の優勝候補はスパーズ』と言うコメントについて)

「マインド・ゲームかって?いやただのジョークだろう。ちょっと笑ってしまったよ」

「昨シーズン終了後の我々の目標は明らかだった。トップにいるチームとの差を縮めること」

「大切なのは今のレベルや体調、メンタリティを維持することさ。それでどうなるか見てみようじゃないか。シーズンの終わりのことを言うのは早すぎるよ」


■過去の対決
―ウェストハムはプレミアリーグのここ17試合のトッテナム戦で3勝したのみ(3勝11敗3分)
―ここ2戦のブーレン・グラウンドでの両者の対戦で3枚のレッドカードが出されている


■最近の戦績 / ウェストハム
―リーグ戦、カップ戦を通じてのホームでのここ13戦で無敗(8勝5分け)
―プレミアリーグでのここ6試合のホームゲームでクリーンシートは4試合
―現在の43ポイントは、この時期のポイントとしてはプレミアリーグになってから最高の成績
―マイケル・アントニオはブーレン・グラウンドでのここ5試合のプレミリーグ出場で4ゴールを決めている


■最近の戦績 / トッテナム・ホットスパー
―スパーズがこの試合に勝てば7連勝。これは1967年3月以来49年ぶりのこと
―プレミアリーグここ12試合のアウェイで負けなし(7勝5分け)
―劣勢から同点あるいは逆転で獲得したポイントはプレミアリーグで最高の17ポイント。計10試合で5勝をあげている
―守備の成績はリーグで最高。27試合中2ゴール以上を喫したのは3試合のみ
―今シーズンここまでロンドン・ダービーでは最高の成績を残している。5試合を戦い11ポイント獲得(3勝2分け)。一方、ウェストハムは4試合で9ポイント獲得
―ハリー・ケインはプレミアリーグでのウェストハム戦4試合出場で3ゴールをあげている