ビクター・ワニアマ、サウサンプトンに移籍希望を告げる
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check スパーズ関連のメディア報道・その他2015年8月30日
金曜日、ビクター・ワニアマは所属クラブであるサウサンプトンに対して他クラブでプレーしたいという意志を伝えたとスカイスポーツが伝えている。

木曜日のヨーロッパリーグでデンマーク遠征に発ったチームに腹痛を理由に帯同しなかったワニアマは、トッテナムへの移籍の可能性が伝えられてきた。

ロナルド・クーマン監督は、水曜、ワニアマは日曜のノリッチ戦には間に合うと明かしていたが、24歳のワニアマはノリッチ戦の招集メンバーからも外れている。

一方、トッテナムは守備的ミッドフィルダーの補強をこの移籍マーケット期間中に成立させたい構えで、かつてマウリシオ・ポチェッティーノ監督のもとでプレーしたワニアマもその候補と報じられている。

しかし、サウサンプトンには放出を認めるつもりはなく、契約延長を打診する姿勢。

火曜日に移籍マーケット最終日を迎えるが、そこまでもつれることになりそうだ。