ポチェッティーノ、勝利こそが相応しかった
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check 公式ニュース2015年8月 9日
オールド・トラフォードでのプレミアリーグ開幕戦を終えたマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、より良い結果が相応しかったと感じている。

立ち上がりから好プレーを披露したスパーズは、20分まで主導権を握り、数度のチャンスを作り出す。そのなかでも、キーパーのセルヒオ・ロメロと一対一の局面を迎えたクリスチャン・エリクセンが浮き球でゴールを狙うも、ボールはバーを越えてゴールネットの屋根に乗る。

試合終盤に、猛攻続けるスパーズの前に立ちはだかったロメロは、エリクセンのシュートに対して2度の決定的なセーブを見せる。これらパフォーマンスにより、試合終了後、ロメロはスタンディング・オベーションでピッチを後にした。

試合は、22分の不運なオウンゴールの1点によって雌雄を決している。

「僕らのプレーは本当に良かったし、パフォーマンスに僕らは大きな手応えを感じているけど、敗戦の結果は残念だ」

「最初の20分は試合をしっかりとコントロールし、主導権を握ってチャンスを作った」

「最初のミスが失点へと繋がったのはアンラッキーだったね。あれ以降になって、実際、ユナイテッドがようやく我々と同じレベルでプレーし始めたんだ。後半にも我々はゴールを決められたはずだったね」

「ハイテンポなままで試合を終えて、我々の仕上がりの良さを見せつけたよ」

「満足しないといけないね。我々のレベルは高く、信じることが大事だよ」

「チャンスが作れなかった昨シーズンとは大きく異なる。しかし、今回は引分でもなく、勝利こそが相応しかったよ」


スパラボで選手や監督の詳しい情報をチェックしよう!