デフォー 五本の指に入るスーパーゴール
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check 公式ニュース2012年11月27日
ウェストハム戦で2ゴールを決め、スパーズでのキャリア通算128ゴールの記録を叩き出しているジャーメイン・デフォー。その試合での先制ゴールをデフォーは、128得点のなかでもベスト5に入るスーパーゴールであったと自己評価している。

センターラインよりややハマーズ陣内に入った右サイドのタッチライン際でカイル・ウォーカーのパスをゴールに背を向けた状態で受けたデフォーは、ボールをインサイドに動かしてジョージ・マッカートニーとウィンストン・リードをいっきに置き去りに。そのままペナルティ・エリアに迫ったデフォーは、マーク・ノーブルの対応を交わして22ヤードの位置から強烈な右足シュードをニアサイドに突き刺している。

このゴールで44分に待望の先制ゴールを決めたスパーズは、その後ギャレス・ベイルのゴールで58分に追加点、そしてその6分後にデフォーがこの日2点目を決めて3-0とし、試合を決定づけている。

「カイルからボールを受けた時、俺は『おしっ、しっかりボールをコントロールだ』って思ったんだ。だけど、ターンしちゃってボールを追っかけた。そこで考えたのはシュートじゃなかったんだけど前が空いてたから、撃っちゃえってね」

「シュートが入ってめでたしめでたしさ」

「あのゴールは俺のスパーズでのゴールの中でも五本の指に入るよね。あんなゴールを決めることができて最高の気分だし、それはみんなにも分かってもらえると思うよ」

「あのゴールは決まるべくして決まったものさ。俺たちは前半に多くのチャンスを作っていたし、ハーフタイムまでにあのゴールが必要だったんだ」

「あれで俺たちは後半からリラックスしてプレーができたし、それからギャレス・ベイルの追加点がカギだったね。あれ以降は盤石の試合運びだったと思うよ」

「試合開始からボールが無いところも含めて、プレスを掛けて、後方からしっかりと試合を組み立てていたし、チーム全体のパフォーマンスがファンタスティックだったね」

今シーズンのプレミアリーグとヨーロッパリーグですでに10ゴールを決めているジャーメイン・デフォーは、ハマーズ戦の2ゴールでスパーズでのキャリア通算128ゴールとし、クラブ歴代8位となっている。

次なるターゲットは、133ゴールのアラン・ガイルジーン。奇しくもそのガイルジーンが、1974年以来初となるホワイトハート・レーンへの凱旋を日曜に果たし、ウェストハム戦のハーフタイムにスパーズ・ファンに挨拶をしている。

スパラボで選手や監督の詳しい情報をチェックしよう!