ドーソン QPRへの移籍報道に...
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check スパーズ関連のメディア報道・その他2012年11月26日
ウェストハムとのロンドン・ダービーでキャプテンを務めたマイケル・ドーソンが、3-1で勝利した試合の後のインタビューに応じている。

ハリー・レドナップ前監督が就任し、早速、冬の移籍マーケットでドーソンの補強に動くとの報道が出回っているが、その件について記者の質問を受けた29歳ドーソンは、次のようにコメントしている。

「僕はトッテナムにいる。僕はフットボール選手であり、今日は試合に出場した」

「フットボールが大好きだし、試合に出たいよ。その気持ちは隠しようがないし、出番が無ければ辛いさ」

「どの選手だって試合には出たい。僕だけじゃなくね。もちろんフラストレーションは募るよ。でも、僕は地道に一生懸命励むまでさ。そして出番が訪れたら、ピッチに立ってしっかりプレーをする。今日は、11人の選手全員が良いプレーをしていたと思うよ」

「気分は最高にいいし、3ポイントを取れてすごく嬉しいよ。先週、ファンのみんなにはアーセナル戦で悔しい思いをさせてしまったからね。選手たちも辛かったんだよ」

「プレミレアリーグで待望の勝利を掴めた。このところなかなか絶好調とはいかなかったから喜びもひとしおだよ」

「試合開始から、ピッチ上の至る所で相手選手にプレスを掛け、相手をジリジリと後退りさせた。おかげで守備もかなり楽になったけど、みんな一流のプレーをしてくれたよ」

「アンディ・キャロルとのマッチアップとなれば、激闘は必至。何度か彼と対戦してきたけど、しっかり対応してきたし、今日の僕らのプレーはファンタスティックだったと思うよ」