ビラスボアス INSPIRATION -デフォーの閃き-
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check 公式ニュース2012年11月26日
日曜のウェストハム戦で、スパーズ待望の先制ゴールを自らの力強い突破と閃光の如きスーパーシュートで奪ってみせたジャーメイン・デフォー。アンドレ・ビラスボアス監督は、44分にゴールを決めてチームの勝利を大きく手繰り寄せたデフォーをまず真っ先に試合後のインタビューで称賛している。

主導権を握りながらも、なかなかユッシ・ヤースケライネンの壁を崩せないまま進んだハマーズ戦の前半44分。カイル・ウォーカーのパスを、右サイドのタッチライン際で受けたデフォーは、ジョージ・マッカートニーを背負い、さらにウィルストン・リードの2人に囲まれながらもインサイドに突破を開始。

そのままゴールに近づくデフォーにマーク・ノーブルが対応するが、エリア手前でいなすと間髪入れずにデフォーはシュートを放つ。

そのゴールがゴール右隅に突き刺さると、スパーズは58分にギャレス・ベイル、さらにアーロン・レノンのお膳立てから64分に再びデフォーが決めて試合を決定づけている。

「JDのは、シュートを閃いたまさにその瞬間に突き刺さっていたようなゴールだった」

「実にファンタスティックだったね。そしてチームが先制点を渇望した時間帯に生まれたものであり、独力で生み出されたジャーメインのゴールだった」

「チーム全体のパフォーマンスは我々が求めていたそのものであったが、何よりもあの先制ゴールが試合の均衡状態を崩す上で決定的だったね」

スパラボで選手や監督の詳しい情報をチェックしよう!