マバット 2つの大志が結ばれた
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check スパーズ関連のメディア報道・その他2012年11月22日
トッテナムのレジェンドであるギャリー・マバットが、アンドレ・ビラスボアス監督へのサポートを雄弁に語っている。

今夜のラツィオ戦、週末にはウェストハムとのロンドン・ダービーと難しい試合を控えるビラスボアスへの支援をマバットはスパーズ・ファンに呼びかける。

「毎シーズン、トップ4入りを果たせるようなチームになりたいよね」

「それが我々の目標だ。過去3シーズン、我々は4位、5位、4位で、昨シーズンはチェルシーのファイナルの結果により出場を逃してしまった」

「強豪チームと肩を並べるためには、常にトップ4に入るべきだね。我々クラブは大志を抱いているし、AVBが大きな志を持っていると我々は信じているよ」

「チェルシーでの出来事から、彼はその評価を取り戻す必要がある。クラブと若将の2つの大きな志が、良縁で結ばれたと私は思ってるよ」

「AVBのことを皆が話題にしているが、もっと時間を与えてやるべきだ。サー・ボビー・ロブソンやジョゼ・モウリーニョといった良き師を持っている彼に、私は大きな信頼を置いているよ。その2人が彼のポテンシャルを見出したのであれば、まずは1シーズン、評価を下すまで様子を見ようじゃないか」