ベイル ファンのために勝利を
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check 公式ニュース2012年11月16日
チーム戦績が低迷する中で迎えるノースロンドン・ダービーに向けて、ギャレス・ベイルはスパーズが後ろ向きな気持ちで決戦に臨むことはないと断言。

それとは逆に、マンチェスター・シティに敗戦し、最近のリーグ4試合で3敗目となった状況からの脱却を図る好機だとベイルは捉えている。

「まさに絶好のチャンスだよ」

「ダービーでは、チームの調子なんて蚊帳の外さ。ファンのためにピッチに立って、全力で勝利を目指して戦うよ」

「ピッチに足を踏み入れた瞬間から、自分を包み込むあの雰囲気を感じとる。特別な一日になるはずで、願わくは最高の一日になってもらいたいね」

「選手全員がこの試合に全神経を向けている。それは他の試合も同じだけど、ファンにとってどれほど大事な試合かを皆が分かっているよ」

エミレーツ・スタジアムでのアーセナル戦では、過去2度の決戦で重要な役割を果たしているベイル。2010年の3-2の劇的な逆転勝利を飾った試合では自らがゴールを記録。昨シーズンの試合でも、PKを獲得している。

「ゴールを決めれば、大歓声とエネルギーがスタジアムを包み込み、それが選手たちの足を動かし続ける。それを以前にも僕は経験済みだから、同じようになるように頑張るよ」

スパラボで選手や監督の詳しい情報をチェックしよう!