ウォーカー トップ4入りへの自信
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check スパーズ関連のメディア報道・その他2012年11月11日
マンチェスター・シティとの決戦を前に、カイル・ウォーカーは新指揮官アンドレ・ビラスボアス監督のもとでスパーズがトップ4入りにより近づく自信があるとコメントしている。

「僕らのチーム戦力に新たに加わった選手を考えれば、(チャンピオンズリーグ出場権確保への)自信はより高まってるよ」

「とにかく監督の言葉をしっかり聞いて、その戦術を理解していくことだ。そうすれば、必ず結果はついてくると信じてるよ」

「昨シーズンはとても悔しい思いをしたけど、そういうこともあるからね」

続けて、ハリー・レドナップ前監督の頃から一新されたビラスボアスの指導方法、試合への準備についてウォーカーは次のように語っている。

「とても良い監督だよ。トレーニング中だけじゃなく、ピッチを外れてもね。僕らは対戦相手によって、相手のプレーや長所と短所を見定めているんだ」

「それが僕には役立ってるよ。トレーニングと同様に大事なことだからね。相手のことを知らずに試合に挑んでも、ピッチに立つことはできる。でも、相手選手がどちらの足を好んで使うかを知ってれば、それが優位に繋がる。とても有益だよ」