アスエコト 変則シューズとアフロヘアの理由
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check スパーズ関連のメディア報道・その他2012年1月 5日
11月頃から左足に青、右足に白のシューズを履いてプレーする姿がファンの好奇心を駆り立てているスパーズ不動の左サイドバック、ベノワ・アスエコト。

ゲンかつぎか、はたまた長短織りまぜた繊細なパスを供給するための『こだわり』なのか。そこには本人のみが知る秘密があるに違い無いと、アスエコトにその両足のシューズの履き分けの理由を尋ねてみると、次のような回答が返ってきた。

「青いのを一足、白いのを一足、合わせて二足買ったんだ。3日もしたら片方が裂けてしまったのさ。僕にはスポンサーもいないし、まだ新しいから捨てるわけにもいかなくてね。だから残った片っぽを履いて、別の色で組み合わせてプレーしたらあんな感じになったんだよ」

『もったいない』の精神を体現するアスエコトは、こっそりとスポンサー募集を呼びかけている。

アスエコト・ファンの間で変則シューズが注目を集めた同時期の11月下旬に行われたアストンビラ戦とウェストブロム戦で普段の編み髪では無くアフロヘアでプレーした理由についても本人に質問してみると、さらに拍子抜けする答えが聞けた。

「髪型をあんな風にしたわけは、真面目な話、すごく寒かったから(美容室に)セットしに行きたくなくなっちゃったんだよね」

「僕の部屋から(美容室のある)トッテナムまではそこそこ距離があるからさ。面倒くさがり屋なんだよ。だからとりあえず洗髪して試合に出たかららあんな感じだったってわけ」

「またやるかは分からないよ」