ベイル ブラックプールは侮れない
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check 公式ニュース2010年12月16日
ブルームフィールド・ロードでのブラックプール戦を日曜に控えるギャレス・ベイルが、初めて訪れるそのスタジアムでの試合について語っている。

ブラックプールとの対決でウェールズ代表のチームメイトである右サイドバックのニール・アードレイとマッチアップするベイルは、今シーズン、下馬評を大きく覆す大健闘を見せるブラックプールを警戒している。

イアン・ホロウェイ監督率いるブラックプールは、小気味よいパスワークで攻撃を組み立てて結果を出し、現在リーグ10位の好位置に付けており、さらに最近7試合で僅かに1敗と調子も安定している。

敵地での対戦とは言え勝利が期待されるスパーズのベイルは、「厳しいタスクになるだろうけど、アーセナル戦やチェルシー戦と同様にしっかりと準備して挑まないとね。入念に備えて、良い結果を出せることを願っているよ。プラッププールを侮ることなんてできないし、そんな展開にはならないだろう。今シーズン、多くのチームが足を掬われ黒星を喫している。タフな試合を覚悟しているし、何と言ってもプラッププールのホームだからね。僕らは常に攻撃的に戦い、何試合か観たけど彼らもまた攻撃的なチームだ。だから、素晴らしい試合になると予想してるよ。僕らの戦いができれば、十分に相手を打ち負かせる自信がある」と十分な警戒を持ちながらも勝利への自信を明かしている。

スパラボで選手や監督の詳しい情報をチェックしよう!