グジョンセン トッテナムに新たな選択肢を
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check 公式ニュース2010年1月31日
ASモナコからトッテナムへのローン移籍を決めたFWエイドゥル・グジョンセンは、プレミアリーグ4位の目標達成に向けた意気込みを明かしている。

昨シーズンまで在籍したバルセロナから今季フランスのモナコに移籍していたグジョンセンは、2006年までチェルシーでプレーし、イングランド、そしてロンドンでの生活は4年ぶりとなる。バルセロナでは、国内リーグ、国内カップ、そしてチャンピオンズリーグのトレブルを達成し、チェルシー時代でのリーグ制覇の経験も持つグジョンセンは、「イングランドに戻ってこれて凄く嬉しいね。ドレッシング・ルームの空気や飛び交うジョーク、実に楽しいところだよ。トッテナム・ホットスパーでプレーする機会をもらったことに強く感謝し、そしてクラブのために戦うことをとても楽しみにしているよ。試合の日の朝に目を覚ました時、世界全体がプレミアリーグに注目していることを痛感するだろうね。それこそがしばらく欲っしていた感情だ。あのこみ上げる感情を味わうのが今から楽しみだね」と語っている。

続けてグジョンセンは、「経験ならば私は十分に積んでいる。だからドレッシングルームでもみんなに良い影響を与えることが出来るだろう。そして監督とチームに新たなプレーの幅を与えたいと願っている。今シーズンここまでの流れでスパーズにとってとても大事なシーズンになっている。私がチーム戦力に厚みをもたらすことで、試合の日には監督の選択肢を広げてあげたい。リーグ4位を目指すべき位置にいるし、実現できる目標だ。そしてFAカップも戦っているから、最後の最後までこのチームは勝ち上がる必要がある。そのために私自身も貢献したいと思うよ。とにかく私は興奮しているんだ。かつての環境に戻ってきたことで素晴らしい気持ちであるし、やる気が漲っている。チームのために出来ることに全力を尽くしていくよ」と強い意気込みを明かしている。

スパラボで選手や監督の詳しい情報をチェックしよう!