キーン ハルを警戒
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check 公式ニュース2010年1月16日
1ヶ月前のウォルバーハンプトン戦での敗戦で得た教訓からFWロビー・キーンは、今週末のハル・シティとの試合に十分な警戒を持っている。

アイルランド代表ではコンビを組むウルブスFWケビン・ドイルの開始5分の先制ゴールを守り抜かれて1‐0で敗れた試合以降、トッテナムは敗戦も失点もしていないが、ロビー・キーンは、「リーグの下位に沈む相手との対戦は、どんなチームとの試合であってもタフなんだ。相手は危機的状況からの脱却に躍起になっているからね。その点はしっかりと注意して戦いに臨みたい。この前のウルブス戦では序盤に失点をし、そのあとにゴールを取り返すことが出来なかった。そういうことだけは避けなければならない。ハルとの対戦が簡単な試合にはならないだろう。まだ下位に沈んでいるとは言え、これまでそういった苦境を乗り切ってきたチームだ。だから試合はタフになるだろうけど、ホームでファンの前で、素晴らしい雰囲気の中で戦うことができる。しばらく試合が無かったから、ファンはこの試合の観戦を楽しみにしているだろう。勝利でファンの大歓喜を味わいたいところだね」とハル戦に向けて語っている。

ハル・シティには、MFケビン・キルバーン、DFポール・マクシェイン、MFシュティーブン・ハントといったアイルランド代表の仲間がいる。このことについてキーンは、「彼らには優れた精神力が備わっている。特に監督のフィル・ブラウンだ。ケビン・キルバーンとは長い付き合いだ。彼もまた、チームを現在の状況から脱却させようと奮闘するだろうね。タフな試合になるよ。知り合いの選手たちに会うのは楽しみだし、試合が終わった時には握手をしたい。もちろん、その時には3ポイントを手中にしてね」と、ハル戦での楽しみを明かしている。

スパラボで選手や監督の詳しい情報をチェックしよう!