/ジョレンテの加入は「トッテナムはおそらくチェルシーよりも将来に魅力がある」から

ジョレンテの加入は「トッテナムはおそらくチェルシーよりも将来に魅力がある」から

スカイスポーツの日曜の朝のフットボール専門番組「サンデー・サプリメント」にゲスト出演したガーディアン紙のドミニク・ファイフィールド記者は、フェルナンド・ジョレンテがマウリシオ・ポチェッティーノのチームを選んだことからも、現在のトッテナムはチェルシーよりも魅力があるチームになっていると語っている。

 

移籍マーケット最終日、アントニオ・コンテ監督にとってユベントス時代の教え子であるストライカーをチェルシーが獲得に動いたが、ジョレンテが選んだのはスパーズだった。

サンデー・サプリメントでファイフィールド記者は、この移籍がこの夏の移籍マーケットで同様の苦悩を何度か抱えていたチェルシーの低迷とロンドンのクラブ間のパワー・バランスの変革を示唆するものであったと考えている。

「何より私が驚かされたのは、ジョレンテの移籍だ。だって彼はかつてコンテのもとでプレーしていたんだよ」

「ジョレンテはスパーズよりもチェルシーの方が出場機会を得られるだろうと私は考えていたし、対戦カードによってはファースト・チョイスになりうると思っていた」

「しかし、どういうわけか、チェルシーは獲得ができなかったんだ」

 

この夏に自身が望んだ補強ターゲットをまったく獲得できなかったアントニオ・コンテ