プレミアリーグ 2017年11月1日(水)
19時45分 ※日本時間の翌日午前4時45分
会場:ウェンブリー・スタジアム

 

Tottenham Hotspur v Real Madrid

 

Harry Kane
今シーズンのチャンピオンズリーグで、ハリー・ケインは3試合で5得点

 

 

水曜のチャンピオンズリーグのレアル・マドリー戦でハリー・ケインの状態が整うことに関して、トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は「大いに自信あり」とのこと。

ケインは今シーズン、スパーズで12試合13得点。だが土曜に1-0でマンチェスター・ユナイテッドに敗れた試合では、ハムストリングの故障で欠場している。

火曜にはトレーニングに参加し、ウェンブリーではプレー可能。

ケインの状態をポチェッティーノはこう明かしている。

「リストには載ってるよ。多分プレー可能だろうが、100%どうかは言えないな」

 

勝利できればスパーズはチャンピオンズリーグのノックアウトステージ進出が濃厚となる。対戦相手のレアル・マドリーも同様だ。

ホストのスパーズは、チャンピオンズリーグのグループHでは首位。前年王者と勝ち点と得失点差で並んでいる。双方、ボルシア・ドルトムントとAPOELニコシアに6ポイント差をつけている。

スパーズのミッドフィールダーのビクター・ワニアマは膝の問題で依然離脱。

レアルのフォワードのギャレス・ベイルは脹脛の故障からの復帰ならず、古巣相手に欠場。

週末にリーガの弱小クラブのジローナに2-1で敗れたレアルのジネディーヌ・ジダン監督は、スペインでは批判に晒されている。

開幕から10戦で2敗2分けを喫し、現在首位のバルセロナからは8ポイント差。ジダン監督はこう語っている。

「おそらくあの敗戦で我々は意気消沈してると考える人もいるかも知れない。だがそれは事実ではない。フットボールがどんなものか、我々はみな分っている。負ける時もあるし、それは明らかにフラストレーションになる」

「負け試合の後はみんなハッピーではないが、ある意味、私が好むところでもある。大一番を迎えるのが好きだ。そういう状況でこそ自分はベストの仕事ができると感じているよ」

 

MATCH FACTS/両者の戦績

  • 欧州大会では、レアルはスパーズに無敗。ここまで5度対戦し、そのうちレアルは3勝
  • レアル・マドリーはここ30試合のチャンピオンズリーグで無敗(22勝8分け)。最後に敗れたのは2012年10月、アウェイでのボルシア・ドルトムント戦
  • チャンピオンズリーグのグループステージでのここ53試合で無得点に終わったのは1試合のみ(2015年10月のアウェイでのパリ・サンジェルマン戦で0-0)
  • スパーズは、ホームでのチャンピオンズリーグでここ2試合で勝利。それ以前の4試合では勝ち無し(3敗1分け) 
  • スパーズは欧州大会でスペインのクラブをホームに迎えた試合で、勝ち無し(3敗2分け)
  • 今シーズンのチャンピオンズリーグでスパーズ以上にカウンター攻撃を仕掛けたチームは無し(5つ)そのうちゴールを1つ決めている 
  • これまでイングランドのチームがチャンピオンズリーグ3戦終了後に7ポイント以上獲得だったは27度。いずれもベスト16に進出している(2003-04シーズンに現在の形式が採用されて以降) 
  • クリスティアーノ・ロナウドは過去3試合のトッテナム戦で、いずれも得点している 
  •  ハリー・ケインとクリスティアーノ・ロナウドの2人は今シーズンのこのチャンピオンズリーグでトップトップスコアラーとなっている(5得点)