日時:16:00(日本時間24時)

会場:ウェンブリースタジアム

Tottenham Hotspur v Chelsea

Chelsea striker Alvaro Morata
前節、デビュー戦で1ゴール1アシストのアルバロ・モラタ

■負傷者情報/トッテナム・ホットスパー

 足首の問題から復帰のキーラン・トリッピアーは検査次第。

しかしながら負傷者3名、ダニー・ローズ、エリク・ラメラ、ジョルジュ-ケビン・エンクドゥは依然離脱。

 

■負傷者情報/チェルシー

ウィングバックのビクター・モーゼスは出場停止から復帰も、ギャリー・ケイヒルとセスク・ファブレガスは先週末のレッドカードで退場し、出場不可。ペドロも不確定。

先週のバーンリー戦でゴールを決めたアルバロ・モラタは、初先発を飾る可能性も。

エデン・アザールとティエムエ・バカヨコは負傷離脱から今週練習に復帰も、双方完全復調はかなわず。アザールには安全策をとるだろうが、バカヨコは日曜には間に合うか。

 

■BBCコメンテイター、スティーブ・ウィルソン氏のマッチ・プレビュー

ウェンブリーの問題は、トッテナムの今シーズンのタイトル奪取には有利にならないとして、繰り返し話題になっている。

スパーズはウェンブリーでここ9試合で7敗(ペナルティでの敗戦を含む)、勝利はひとつのみだ。そしてその敗戦のうち3敗はチェルシー相手のもの。

しかしながらスパーズは、最も強烈なライバルたるチェルシーに対し昨シーズンに続いての勝利を飾り、ウェンブリーの呪いにまつわる話を終わりにしたいと強く望んでいるだろう。それができれば、ウェンブリーをホームとして生かすことができるようになるかも知れない。

チェルシーは、予想外の敗戦を喫したバーンリー戦の前半のようには酷いできにはならないだろう。だが、故障者や出場停止者がおり早くもチーム層を試される状況だ。トッテナムはアントニオ・コンテのチームに早々とダメージを与えるべく全力で掛かってくるだろう。

ウィルソン氏のツイッターアカウント: @Wilsonfooty

 

❏マウリシオ・ポチェッティーノ監督インタビュー

たとえ勝つことができなくても、それはウェンブリーのせいじゃないよ。自分たちの責任だ。ここはフットボールをするのに一番エキサイティングなスタジアムだ。

フットボール発祥の地だ。私にとっては、アルゼンチンでもスペインでもウェンブリーは大いなる夢だった。今そこでプレーする機会があるんだ。2週おきに、あるいは毎週、もしかしたら週に3試合かもね。

問題だって?いやいや、私はウェンブリーが大好きだよ。問題なんてことはないね。ウェンブリーを我が家としなけれなならない。

まあ確かに昨シーズン、ホワイトハート・レーンからウェンブリーに移るのは難しかった。誰もが最もな理由だと思った。だが今回は言い訳はできない。

 

❏アントニオ・コンテ監督インタビュー

今シーズン、トッテナムはいい結果を出してくと思うよ。マウリシオ・ポチェッティーノは素晴らしい仕事をしている。クラブのため素晴らしい基礎基盤を築いた。

我々も同じようにしていかなければ。こうした基盤は無いからね。トッテナムには大いに敬意を持っている。タイトルに挑戦しているチームだ。

 

■過去の対決

  • チェルシーはリーグ戦カップ戦を通じてトッテナムと対戦したここ17試合で2敗したのみ(8勝7分け)
  • この試合はウェンブリー・スタジアムで行われる最初のプレミアリーグの対戦。そしてプレミアリーグでのホームスタジアムとしては58会場目となる

 

■最近の戦績/トッテナム・ホットスパー

  • 日曜にはクラブ記録となるプレミアリーグでのホーム15連勝を目指す。トップリーグでの最長ホーム連勝記録は、1972年リバプールが記録した21連勝
  • 昨シーズンのプレミアリーグではホーム無敗(17勝2分け)。プレミアリーグで直近のホームでの敗戦は2015年5月のサウサンプトン戦。だが昨シーズンのチャンピオンズリーグではモナコとバイエル・レーバークーゼンがスパーズのホーム試合で勝利している
  • マウリシオ・ポチェッティーノの指揮下プレミアリーグでホームでのロンドンダービーでは13試合無敗。7勝
  • 2008年にリーグカップ決勝でチェルシーを降して以来、ウェンブリーでの勝利はひとつのみ(6敗2分け)。その唯一の勝利はチャンピオンズリーグでのCSKAモスコウ戦
  • ハリー・ケインの次のゴールは、全大会を通じてトッテナムでの100ゴール目となる
  • ケインは8月にプレーした11試合のプレミアリーグ戦で無得点。だがトップリーグでロンドンのクラブと対戦したここ21試合で18ゴールを決めている
  • クリスチャン・エリクセンは、全大会を通じたチェルシー戦で、トッテナムがあげた直近の6ゴール全てに関わっている(1ゴール、5アシスト)

 

■最近の戦績/チェルシー

  • 最後に開幕2連敗したのは1973年のこと。その年も2敗のうちひとつはバーンリー戦だった
  • 最後に、トップリーグで前年優勝者が開幕2連敗したのは1981年のアストンビラ
  • 2015年8月以降、プレミリーグのタイトルホルダー(チェルシー及びレスター)はトップリーグで、77試合で31敗を喫している。勝利は24のみ
  • チェルシー指揮官としてアントーニオ・コンテが喫した8敗のうち7敗はロンドンダービーでのもの
  • アルバロ・モラタはチェルシーで、プレミアリーグ・デビュー戦から2戦連続で得点を決めた4人目の選手になるかも知れない。他の3選手はアドリアン・ムトゥー(2003年)、デコ(2008年)、ディエゴ・コスタ(2014年)

 

❏SAMの予想:1-0でスパーズの勝ち

引き分けの確率27%。スパーズ勝利の確率48%。チェルシー勝利の確率25%

SAM(スポーツ・アナラシス・マシーン):サルフォード大学のマクヘイル教授(@ProfIanMcHale)によって開発された、フットボールの結果予想用のスーパーコンピュータ