スパーズのカラバオ・カップは、ウェンブリーで悔やまれるかたちで終演を迎えている。水曜の夜、ウェストハムを迎え撃ち、ハーフタイムまでに2点を先行するも、3-2で敗れている。

 

前半、好パフォーマンスを披露し、ムサ・シソコとデレ・アリのゴールによって2点のリードを得たスパーズだが、試合終了の笛を聞いた時にはハマーズのアンドレ・アユーの2ゴール、そしてアンゲロ・オグボンナのゴールによって逆転を許した。

試合開始からわずか6分。ベン・デイビスの縦パスをフェルナンド・ジョレンテがワンタッチでソン・フンミンに繋ぎ、いっきに敵陣深くまで進軍。ソニーからゴール前に走り込んだシソコに通して、アドリアンの守るゴールにシソコが先制ゴールを突き刺している。18分にはフリーのデレのヘッダーをアドリアンがセーブするも、続けてのアリのシュートはデクラン・ライスに当ってコースが変わるとアドリアンには為す術なく、ゴールに吸い込まれ、スパーズに追加点が生まれている。

前半はスパーズの優先で終えたものの、後半の20分間ではマーズはいっきに3ゴールを叩き出す。まずは55分、エジミウソン・フェルナンデスの強烈シュートをこの日キャプテンを務めたミシェル・フォルムが弾くと、そこにアユーが詰めて押し込みゴール。その5分後にもアユーが同点ゴールを決めている。

そして事態はさらに悪い方向に。70分にはマヌエル・ランジーニのクロスにオグボンナが合わせてフォルムの守るゴールを打ち破る。その後、生き残りを懸けてスパーズが攻撃を試みるも、願い叶わずカラバオ・カップからの敗退が決まっている。

 

 

wh_instory

 

MATCH DATA/マッチ・データ

スパーズ(3-5-2): フォルム(c)、フォイス、アルデルヴァイレルト、デイビス、トリッピア、ダイアー、デレ、シソコ、ローズ(80分エリクセン)、ソニー(83分エンクドゥ)、ジョレンテ(72分デンベレ)

控え:ガッザーニガ、ウォーカー・ピータース、サンチェス、デンベレ、ウィンクス、エリクセン、エンクドゥ

 

ウェストハム(5-3-2): アドリアン、バイラム、オグボンナ、ライス、クヤテ、クレスウェル、ノーブル(c)、フェルナンデス(77分オビアン)、ランジーニ(88分アルナウトビッチ)、アユー、キャロル

控え:ハート、フォンテ、チチャリート、ハクサバのヴィッチ、マスアク、オビアン、アルナウトビッチ

 

ゴール: スパーズ – 6分シソコ、37分デレ/ウェストハム – 55分アユー、60分アユー、70分オグボンナ

審判:マイク/ディーン

観客数:36, 168人