水曜の夜のウェンブリー・スタジアム、超絶なチーム・パフォーマンスによってヨーロッパ王者のレアル・マドリーを壊滅状態に陥れたスパーズ。この勝利によってチャンピオンズリーグのグループステージ2試合を残し、スパーズはノックアウトステージ進出を決めている。

 

 

今シーズンのチャンピオンズリーグ初出場を飾ったデレ・アリのゴールが決まり、さらにクリスチャン・エリクセンがダメ押しゴールを決めて、12度の欧州王者に輝いたレアル・マドリーの反撃をクリスティアーノ・ロナウドの一撃に留めたスパーズは、ウェンブリー・スタジアムでのグローリー・グローリー・ナイトを堪能している。

2011年のチャンピオンズリーグで前回王者インテル・ミラノをホワイトハート・レーンで粉砕したのと同様に、この夜の出来事も2017年のクラブ史実として、語り継がれることになるだろう。

確かにまだグループステージでの出来事ではあるが、世界最高のチームを相手に成熟したスタイリッシュなパフォーマンスを披露したスパーズの勝利は新聞の見出しを賑わすだろう。

27分にキーラン・トリッピアのクロスに飛び込み先制ゴールを決めたデレは、さらに後半に入って10分に20ヤードの距離からシュートを放ち、これがセルヒオ・ラモスに当たってゴールネットを揺らしている。5年前にMKドンズでのデビューを飾り、FAカップでアウェイのケンブリッジ・シティ戦に出場した男がやってのけた!

この時点でスパーズ・ファンは夢の国にいざなわれていたが、さらに65分。デレ、ハリー・ケインと繋いだ縦パスから、ゴール前でフリーのエリクセンにボールが渡り、キコ・カシージャの守るゴールに流し込んで3-0。レアルはスパーズの驚異的なカウンターアタックに為す術がなかった。

残り10分でロナウドが至近距離から押し込んでゴールを決め、終盤に試合の緊張感が増す。しかし、スパーズの守備は堅く、ゴール前を組織で効果的に守って勝利を手にしている。

 

TEAM NEWS/チーム・ニュース

マウリシオ・ポチェッティーノ監督は土曜日のマンチェスター・ユナイテッド戦から3つの変更を加えた。ケイン、ダビンソン・サンチェス、トリッピアを、ソン・フンミン、ムサ・シソコ、セルジュ・オーリエに替えて先発に。元スパーズのルカ・モドリッチはレアル・マドリーの中盤に入ったが、ギャレス・ベイルは負傷で欠場している。

 

KEY ACTION/キー・アクション

 

ゴール:27分、SPURS 1-0 REAL MADRID – デレ・アリ

ウェンブリーは素晴らしい雰囲気に包まれ、序盤はその盛り上がりに劣らぬ試合展開が繰り広げられた。スパーズの最初の攻撃は11分、エリック・ダイアーがカゼミロのボールを奪うと、素早くケインに繋ぐ。ケインのチップキックでのシュートはカシージャがキャッチ。その後、守備の要トビー・アルデルヴァイレルトが負傷により交代を強いられ、ムサ・シソコがピッチに。シソコはセンターバックの右に入り、ダイアーが3バックの中央に移動。その3分後、スパーズに先制ゴールが生まれる。ハリー・ウィンクスの見事な浮き球のパスがマルセロの頭上を超えてとリッピアに渡り、右からトリッピアがボレーでクロス。これがゴール中央に走り込んだデレに完璧に合い、至近距離からデレがゴールを奪っている。

 

rm_instory1
ハリー・ウィンクスと元スパーズのルカ・モドリッチ

 

CHANCE: 41分、ケインが追加点に迫る

反撃に出たレアル・マドリーは、2度、ウーゴ・ロリスを脅かす。32分のロナウドの角度のないところからのシュートは枠外に。そして、その1分後にアクラフ・ハキミのクロスが入り、ロナウドがシュートもロリスの正面。しかし、次のゴールに迫ったのはスパーズ。トリッピアのクロスにシソコがシュートミス。だが、ボールはケインのもとにこぼれ、12ヤードの距離からのシュートは、キーパーを抜くもセルヒオ・ラモスがブロック。魅力的な前半は、最少点差でスパーズがリードして折り返す。

 

GOAL:56分、SPURS 2-0 REAL MADRID – デレ・アリ

後半の入り方はレアル・マドリーが優勢であったが、スパーズは毅然と守勢に回り、プレスを強めていき、決定的なチャンスを相手に与えない。52分、マルセロが左サイドでスペースを見つけると、低い弾道のクロスを送る。ゴール前で混戦となり、ロナウドがゴールのチャンスを迎えるも、ダイアーが落ち着いて対処。ゴールが生まれる予感が高まるなか、決めたのはデレ。エリクセンが縦パスを通すと、デレがカゼミロを抜き去ってゴールに迫り、放ったシュートはラモスに当たってカシージャの飛んだ方とは逆に向かい、ゴールに吸い込まれる。

 

GOAL:65分、SPURS 3-0 REAL MADRID – クリスチャン・エリクセン

試合の雌雄が決する。レアル・マドリーはポゼションを高めスパーズのゴールに迫るも、スパーズのカウンター・アタックの脅威が枚数を減らしたレアル・マドリーの守備陣を震え上がらせる。そしてレアル・マドリーの攻撃がスパーズ陣内を深くまで進んだところから、デレがボールを受けていっきにハーフライン付近のケインに縦パスを通す。ケインはパスを受けて右に流れながら前方に進むと、中央に走り込んだエリクセンに完璧なパスを供給。エリクセンがカシージャの届かない位置にシュートを流し込む。見事なカウンターを炸裂させる!

 

GOAL:80分、SPURS 3-1 REAL MADRID – クリスティアーノ・ロナウド

3-0となったが、レアル・マドリーは自分たちのフットボールを継続する。78分にスパーズが4ゴール目を狙う好機が訪れるも、トリッピアからのクロスに合わせたヘッダーをデレが外してしまう。そしてレアル・マドリーが右サイドから始めた攻撃が左に流れ、マルセロが深い位置からクロス。これがロナウドに渡って、押し込んでゴール。その後、途中出場のフェルナンド・ジョレンテにカシージャと1対1のチャンスが訪れるも、カシージャが飛び出してセーブ。間もなく、試合終了の笛が響き渡り、ウェンブリーの素晴らしい夜が終演を迎えた。

 

MATCH DATA/マッチ・データ

スパーズ (3-4-2-1):ロリス(c)、アルデルヴァイレルト(24分シソコ)、サンチェス、フェルトンゲン、サンチェス、トリッピア、ダイアー、ウィンクス(66分デンベレ)、デイビス、デレ、エリクセン、ケイン(79分ジョレンテ)

控え:フォルム、オーリエ、ローズ、デンベレ、シソコ、ソン、ジョレンテ

レアル・マドリー(4-3-3): カシージャ、ハキミ、ラモス(c)、ナチョ、マルセロ、クロース、カゼミロ、モドリッチ(80分ヘルナンデス)、イスコ(74分マジョラル)、ベンゼマ(74分アセンシオ)、ロナウド

控え:ラモス、バレジョ、バスケス、ヘルナンデス、マジョラル、セバージョス、アセンシオ

 

Goals: Spurs – 27分デレ、56分デレ、65分エリクセン/Real Madrid – 80分ロナウド

 

Yellow cards: Spurs – デンベレ/Real Madrid – ラモス

 

Referee: Cuneyt Cakir (トルコ)

 

観客数: 83,782人

 

UP NEXT/次の試合

次の試合もホームのウェンブリー、プレミアリーグでクリスタルパレスを迎え撃つ。開幕から7連敗とシーズンのスタートが低調なイーグルスだが、いまだ最下位ながらもチェルシーを破りウェストハムと引き分けて復活の兆しを見せている。キックオフは日曜の12時(日本時間の夜9時)。