『世界最高のケイン』、アウェイでの連勝、ウェンブリーの呪い、そしてセルジュ・オーリエの過ちについて語ったポチェッティーノ。

3-2で勝利を飾った、敵地ロンドン・スタジアムでのウェストハム戦の後のマウリシオ・ポチェッティーノ監督のインタビューでの回答全文。

 

❏この試合をどう分析する?

とてもタフな試合だった。全体を通せば、我々が勝利に相応しかったと私は思う。最後の数分は、おそらく感情が出たのは確かで、相手がゴールを目指して少し主導権を握っていたが、この試合を分析すれば我々の方が優勢だった。我々が10人になったところで、相手が少し支配し始めた。

私はとてもハッピーだ。試合中、チームは異なる顔を見せたんだ。我々は良いプレーをしたし、戦っていた。ダービーというとても難しい環境のなかで戦った。皆さんもお分かりだろう。前にも言った通り、この試合の意味は3ポイント以上なんだ。それが我々を成長させ、学ばせる。シーズン中にこういった試合があるのは良いことだよ。

 

 

❏今日の試合でハリー・ケインがイングランド最高のストライカーだと証明した?

 

イングランドだけじゃない。世界だと思うよ。ハリーは世界最高の1人だ。彼を表現する言葉を見つけるのは難しい。ここ3シーズン、私は皆さんにハリーのことを話し続けてきた。私は恋に落ちたんだ。ファンやチームメイトと同じように恋に落ちた。彼がゴールを量産しているからだけではなく、彼のプロ意識や謙虚さもだよ。

大きなビジネスに成長した今日のフットボール界で、彼は素晴らしいお手本だね。私と同様にすべての監督は彼の能力を実に高く評価している。だからこそ、私は彼に恋に落ちたと、皆さんに伝えてるんだ。

 


ウェストハム戦でハリー・ケインを鼓舞するマウリシオ・ポチェッティーノ

 

❏セルジュ・オーリエの退場に何を思う?

最初のイエローカードは、イエローカードでは無いと私は思ったね。もちろん、残念に思う。2枚目のイエローカードを受けてレッドカードになってしまったからね。しかし、フットボールだ。これがフットボールだと私はよく知っている。私が選手だった頃、多くの過ちを犯したし、多くの問題を起こした。でも、それがフットボールだ。彼には満足しているよ。チームメイトもクラブも、彼にはとても満足している。チームにもよく馴染んでいるよ。まだたったの20日しか一緒にトレーニングしていないのにね。

私はハッピーだ。今回の件は、彼自身が感じているのと同じでガッカリだが、フットボールにおいてはこのようなことも起こりうると理解している。

 


ウェストハム戦の勝利を祝福するマウリシオ・ポチェッティーノ

 

❏オーリエはイングランドに適応するのに時間がかかるか?

誰でも同じだよ。真のクオリティを発揮するには時間が必要だ。フランスのリーグとプレミアリーグとではまったく異なるのは確かだ。まったく違う。すべてが変わってるが、私は彼に満足している。

 

 

❏シーズンの開幕からアウェイで3連勝。アウェイの方が選手たちは気兼ねなくできてる?

私はとても満足している。昨シーズンを振り返れば、我々はアウェイでとても良いパフォーマンスを続けていた。今、あと我々はウェンブリーをホームとして感じられるようにならなければいけないし、勝利をてにしていくことだ。このチームはアウェイでファンタスティックな戦いをしていると思う。これから学び、いつもどおり改善をして、ウェンブリーでも勝利をしていきたい。