カラバオ・カップ3回戦のバーンズリー戦に勝利したスパーズ。試合後のマウリシオ・ポチェッティーノ監督の記者会見でのコメントは以下の通り。

 

❏勝たなければいけない試合での勝利に安堵したか?

イエス、そうなるよ。とてもタフな試合だった。バーンズリーの守備はとても良かったので、彼らに賛辞をおくりたい。彼らの守備や戦い方のおかげで、我々はチャンスを作るのが大変だったし、とてもタフな試合だったと思う。最初の60分間、我々は枠内シュートを放つことができず、今日の試合の相手はとてもタフだったよ。

60分を過ぎたところでようやく枠内シュートが出た。それは、我々の相手がどれだけ奮闘していたかを物語っている。私はミシェル・フォルムも讃えたい。彼は大きな賞賛に値する。後半開始早々のセーブはファンタスティックだった。おかげで我々は生き延び、勝利のチャンスを得ることができたんだ。彼のプレーは一流であり、彼の価値を認める、讃えることは大切だと思う。

今夜の試合からポジティブなことはいっぱい見つかる。目的は次のラウンドに進むことだったが、それは成し遂げた。我々はハッピーだよ。

 
ゴールを喜ぶデレ・アリ

 

❏デレ・アリは本調子ではないがポジショニングのセンスは流石か?

私にとってデレ・アリはトップ・プレーヤーだ。彼は我々のキープレーヤーだよ。今日は彼がゴールでチームを救ってくれた。彼にはとても満足している。もっと良いプレーができる、と言うのはどの選手でもそうだ。それでも私は満足だよ。今は自分のバランスを確認するための時期に彼はある。それでも私は満足だし、彼のパフォーマンスは良かった。彼は頑張っていたしゴールを決めた。ファンタスティックだよ。

 

 

 

❏フアン・フォイスのデビューについては?

我々のプレーやチームメイトのことを知るための十分な時間が与えられないまま、彼は初めての出場となったわけで、難しかっただろう。それでも彼はとても落ち着いていたし、リラックスして試合していたと思う。アルゼンチンからやってきてイングランドでプレーするのは容易いことではないし、私はとてもハッピーだ。ウェンブリーでのデビューだったわけだしね。デビューに際し、プレッシャーも掛かったことだろう。

 

 

❏ウェンブリーの観客が少なかったのは残念か?

ノー、分かっているよ。ここに来てくれたファンにありがとうと言いたいね。おそらく来れなかったんだろう。ファンがすべての試合に観戦に来るのは難しいというのを私は分かっている。我々のファンに感謝をしたい。来れなかったファンも、チームを後押ししてくれているんだよ。言うまでもないことだけどね。

 

 

❏守備を堅めてくるチームを攻略するカギは?

カギはアタッキング・サードでのクオリティを高めることだ。アグレッシブさと得点力を発揮すること。スウォンジー戦で我々は多くのチャンスを作っていたと思う。多くのチャンスがあったのにゴールを奪えなかった。それでも多くのチャンスを作っていた。今日は、相手を讃えないとね。見事な守備だったよ。ポゼッションを保っていたが、チャンスを作るのに大いに苦労した。最初の枠内シュートが60分過ぎになったという事実こそ、相手がどれほど凄かったかを表しているよ。