/マウリシオ・ポチェッティーノ、ワトフォード戦の前の記者会見(動画付)

マウリシオ・ポチェッティーノ、ワトフォード戦の前の記者会見(動画付)

 

ポチェッティーノの記者会見:自身の将来、ウィンクス、ローズの怪我について、他。月曜のワトフォード戦に向けた記者会見でのマウリシオ・ポチェッティーノの全コメント。

先日、「私であろうと他の誰であろうと」という表現をしたが明確な意図は何か?

なんというか…質問の背景が問題なんだよ。私としては同じことを言うよ。トッテナムはファンタスティックな仕事をしている。素晴らしいプロジェクトを進めているんだ。一つだけはっきりさせたいことは、これは「長期的なプロジェクトだ」と言うことだ。我々がコーチ陣でも他の誰かがコーチ陣でもそれは変わらない。

このトッテナムでのプロジェクトはそれほど強固なものだからね。何らかのメッセージを発しようとしたものではないよ。質問をされた時の状況でそう説明したんだ。このプロジェクトは確固たるもので、我々は確信を持って取り組んでいる。他のクラブと同じようにはできないよ。このプロジェクトは全員で作り出したもので、クラブはそれを続けていかなければいけない。継続が大事なんだ。この方向に進んでいき、クラブの目指すところすべてを達成しようとする。あの発言は、だれかに向けてのメッセージなんかじゃなかったよ。こういう風に自分が感じた所をお話したまでだ。

 

クラブの将来はあなたとともにあるのか?

長期的な話になるよ。とても良いメンタリティを築きつつある。勝利のメンタリティだ。まず最初は、トップ4とのギャップをなくすることだった。我々は多くのことをファンタスティックな形で成し遂げた。だが、それは私の仕事がそれで終わったと言うことではない。なぜなら私はあと3年契約が残っているからね。先日の準決勝の会見は、決勝を目指して気持ちが高揚していたところでのフラストレーションの溜まる午後の試合の後だった。言いたかったことは、プロジェクトは変わらないということだ。なぜならクラブの方針は、ここの皆は他とは違うものを構築しつつあると確信しているからだ。おそらく他のクラブとは比べられないよ。

ひとつだけ皆さんにお伝えしなければならないことは、 我々には時間が必要だということだ。我々が欲するものすべてを達成するのには時間が要るんだ。幸いにも、そういう成功を掴み取るのに我々とは違った方法を選んだトップチームに対して競合していけているよ。

 

 

その時間を猶予されるか?どれだけ我慢できるだろうか?

もちろんだよ。前にも言ったが、私はどのプロジェクトでも生涯を尽くすつもりで取り組んでいる。クラブは正しい方向に進んでいる、と言いたかっただけだ。他のクラブとは比べられない、そして我々には時間が必要だ。3、4年たった今、我々はユナイテッドやシティ、チェルシーやリバプールのようなクラブと渡り合うことができている。だが、やるべきことはまだまだたくさんある。これはトッテナムでのエキサイティングなプロジェクトだと思うよ。他のクラブとは一線を画すものだ。私にはまだ3年間の契約が残されている。もちろん、その都度決断はあるだろうが、いつも言っているがフットボールでは現在がすべてだ。その上で決断が下される。クラブによって、クラブのオーナーや私の上司のダニエル・レビーによって、私を信頼するかしないかと言う決断がね。

 

なぜ今回もあと一歩及ばなかったのか?

特に不満にも思っていないし落胆してもいない。悲嘆に暮れているわけでもないよ。もちろん勝ちたかったし、成功を得てトロフィーを勝ち得たかった。一番トロフィーが欲しいと思っているのは私だね。だが、それは現実の世界で示さなければ。実践上でも論理上でも、誰もが勝ちたいと言うだろう。私は勝利を欲しているが、ユナイテッドやシティのような相手とやる時には、勝つことと競い合うことは全く別物なんだ。我々が成功を築いていくやり方は素晴らしいものだ。時間が要るだけなんだよ。あなたたちやファンの皆さんに言いたいのは、他のチームが他の方法でもっと早くに行きつくところに、我々の場合はもっと時間が必要なんだ。

 

それは選手たちのメンタリティの問題か?

いやいや、そうじゃないよ。フットボールでは試合に負ければ、非難する材料は幾らでもあるものだ。戦術や選手起用、試合への入り方、メンテリティ。だが結局、負ける時は負けるんだ。意見一つ一つは正しいものだ。だがメンタリティの問題だとは思わないね。いつも競い合っていくことについて話をしているが、メンタリティとは自分がどんな相手でも渡り合って倒すことができるという感覚や信念を持つことなんだ。トッテナムはここ数シーズンでそれを証明してきた。レアル・マドリー、ドルトムント、ユベントス、そしてもちろんプレミアリーグでもね。今や、自分たちがどの試合でも相手と競い合うことができると信じられるレベルに達している。最終段階は勝利することだ。すぐそこまで来ているよ。諦めることはない。手が届きそうなところまで来た時に一番大切なことは継続なんだ。ともに切磋琢磨し、ハードワークを続け、信じること。アラ捜しをしている時じゃない。選手を支え、そしてここ数年築いてきた構想を支えていく時なんだ。

 

 

例のFAのツイートに関してどう思ったか?

そうだね、私には当惑させられるものだったし、FA(イングランド・フットボール協会)にとって不名誉な行為だと思うよ。FAはイングランドのフットボールそのものだし、ワールドカップでキャプテンを務める可能性があるハリー・ケインに対してだからね。理解にしがたいものだったよ。全くもってね。もちろん彼らはすぐに謝罪したが。

 

だが随分時間が経ってからだった?

こういう事態が起こってとても落胆している。その後、謝罪があったのは数日経ってからだったかな。もう気にしても仕方ないさ。起こったことは起こったことだ。私がイングランドに来たその一日目から言ってきたが、我々は我々の財産を護らなければいけない。イングランド人選手たち、若い選手たち。彼らに信念を与え、教え導いていかなければ。こういう状況は本当に残念なことだよ。

 

ハリー自信はどう受け取ったのか?

もちろん彼もとても悲しんでいた。だが、彼は気持ちの強い人間だ。気持ちを切り替えて行くし、当然、我々もそうできるよう手助けしていくよ。あれは過ちだったし、ハリーもすぐに忘れて、ここ数日か一週間くらいは考えないようにしないとね。

 

ウェンブリーについて、所有者が誰かは重要か?

あなたの質問は何を聞きたいのか。すべての情報を見てるわけではないので。私にとって、子供の頃からずっとだが、ウェンブリーはフットボールそのものだ。フットボールと言えばウェンブリー。ウェンブリーと言えばフットボール。違うか?フットボールを愛する者にとっても、そうじゃない者にとっても、変わらずにフットボールの象徴だ。ウェンブリーはフットボールと同じだと私は思っている。もちろん、よく分かってはいないが聞いているよ。何の情報もないのでね。噂なのか真実なのかどうか、私には分からない。私からは何も言えないが、私にとって…、すべてのイングランドの選手にとって、ウェンブリーはフットボールの一部だと感じているだろう。そして世界中のフットボール関係者が同じくそう思っていると思うよ。象徴だとね。世界中のみんなにとって、大切な象徴なんだよ。

 

 

ペットボトルにシュートを当てるビデオを観たが、ケインとエリクセンはあなたを勝たせようとしていた?

私は勝ちにこだわる人間だ。それに私の実力だって捨てたもんじゃない。ご覧いただけただろ。助け合うこともとても大切だ。我々の人生においてサポートし合うことは大きな問題になってくる。そして、勝つことだ。私は勝ちたいんだよ。

 

ケインとエリクセンにテクニックを鍛えるように言うべきだった?

彼らは30分ほど事前にあの練習をした後だったからね。我々は到着してウォーミングアップも無しでやったんだ。でも、我々のほうが上手かったんだよ。メンタリティと勝負へのこだわりの差だろうね。

 

試合と試合の間の時間の長短はどのような影響がある?

選手たちは試合の直後に酷く落ち込んでいたんだ。そこは正直に言うよ。エネルギーがとても落ち込んでいた。今は前進している。とても集中しているよ。トップ4でフィニッシュするのがとても重要だよ。これからの4試合が我々にとってとても重要だよ。ここ数日のトレーニング状況にはとても満足しているよ。クオリティではない。クオリティは重要ではないんだ。エネルギーと前向きな姿勢にチームが変化してくれたことこそが重要だ。とても大事なところだよ。これから2週間で4試合。そこで勝利を目指してトップ4を狙う。3シーズン連続でチャンピオンズリーグに出場することが決まれば、大きな成功となるだろう。

 

月曜の時点でチェルシーとの勝ち点差が2ポイントになっている可能性があるが心配か?

ノー。私は自分のチームのことだけに集中している。選手たちが月曜の試合で万全の戦いができるような環境を与えることにね。下の順位で起こっていることは忘れなければならない。トップ4に入り、チャンピオンズリーグで戦うことができるかは我々次第だ。目標達成の可否は、我々のみが握っているんだよ。

 

 

チームニュースを教えて?

ハリー・ウィンクスは欠場。ダニー・ローズは金曜日から練習に加わり、グループとトレーニングを開始する。ハリー・ウィンクスとダニー・ローズの2人は、これから数日間の様子見になる。

 

昨シーズンはデレ・アリの序盤のゴールでワトフォードに快勝したが、試合の良い入り方が重要か?

90分間を安定して戦い抜く必要がある。もちろん、序盤にゴールを決めることができればファンタスティックだ。しかし、結局は90分間の戦いだ。最も大事なのは3ポイントであり、良いパフォーマンスをして勝利を掴むことだよ。

 

ハリー・ウィンクスは今シーズン中にプレーできるか?

分からないね。ヘスス(ペレス)は知ってるか?約束するよ。彼の状態を診ているが、今シーズン中に彼がプレーするのは簡単ではないだろう。

 

「Iniesta world cup」の画像検索結果

 

イニエスタがバルセロナを去ることについて?

私の意見としては、もちろんとても素晴らしいグレイトな選手であるから尊敬の念を持っているよ。選手としても、同様に人間としてもね。彼の人間性がその存在とても大きなものにしたと私は思っている。ピッチ上で大きな選手であったのと同様に、ピッチを離れても大きな人間だったんだ。2010年に南アフリカで開催されたワールドカップ(の決勝)で彼は、決勝ゴールを決め、ダニ・ハルケの名前が刻まれたシャツを披露してくれた。あれは我々の心を打ったよ。

私はエスパニョールの選手であり、その後、監督となったので、我々はライバル関係であった。私はエスパニョールのファンだからね。しかし、バルセロナの選手であった彼のあの行動は、万人に彼の品格を大いに示してくれた場面だった。彼がどういった人間なのかをね。彼のことは常に尊敬してるし、彼の成功を願っているよ。