ポチェッティーノの記者会見:負傷者の情報、アルデルヴァイレルトの未来、他。FAカップのロッチデールとの再試合を前に発せられた、マウリシオ・ポチェッティーノのコメント全文

 

 


 

 

ヤンとトビーは週末復帰か?それともユベントス戦か?

分からないね。まだわからないんだ。ヤンは昨日のスキャンの結果が良好だった。前向きに考えているよ。彼は気分も良さそうだからね。明日(ロッチデール戦)は無理だが、週末はおそらく大丈夫そうだ。トビーは毎日状態を見定めているが、ヤンとは状況が異なっている。

 

このFAカップが、トロフィー獲得の最高のチャンスか?

まだトロフィー獲得の話をするには先が長いよ。まずは明日、ロッチデールに勝たなければならない。とても大事な試合だ。この大会は、我々が勝ち上がっていきたいのなら、まずは明日の試合に勝って次のステージに進まなければならないが、まだトロフィーについて語るのは時期尚早だ。まず明日の試合に勝たないとだからね。

 

どのチームがトップ4争いにいる?

順位表をみれば簡単に分かるだろう。我々は、シーズン終了時にどの位置にいられるかを争っている。好調を維持し続けることが大事で、プレミアリーグでの自分たちの結果を安定させ、勝利を積替せねていけるようにね。まだあと10試合が残されている。シーズンを終えた時にトップ4にいるためには、安定感が必要だが、まだまだやらなければいけないことはいっぱいだよ。

 

アーセナルはまだトップ4争いにいる?

もちろんさ。順位表では可能性がある位置につけているし、まだ争っている。私は彼らがトップ4争いにいると思っているよ。

 

 

「ケインはトロフィーを獲得するためにスパーズを去るべきだ」とビラスボアスが言っていたが?

ノー・リアクションだ。皆さんの意見をリスペクトするよ。しかし、我々はここで単に選手を育てているだけじゃなく、クラブが望む目標に近づくための手助けをしているんだ。可能であればトロフィーを獲得するよ。ハリーはここでハッピーだし、もちろんハリーはタイトルを勝ち獲りたい。我々やサポーターと同じようにね。しかし、もちろんみんなの意見を私はリスペクトする。

 

デレ・アリが安易に批判の標的にされていると言ったが、ダイブについて本人に話したか?

彼は安易に他チームのファンの標的にされている。デレに批判をしたり、責め立てたりするのは簡単だからね。しかし、私はすべての意見をリスペクトしているし、もちろんデレは上達しようと集中している。そして我々は彼を助けているんだ。彼は偉大な選手であり、素晴らしい青年だ。闘争心がとても強く、いつでも負けず嫌いなんだ。しかし、もちろん成長には貪欲だ。我々は彼の成長を後押ししている。今、彼は成長の一途を歩んでいると思うが、今のような状況を私は心配していない。彼は頭が良い選手だし、自分に必要なことをわかってるからね。

 

彼とは話したのか?

分かってるだろ。我々は毎日話し合っているし、あらゆることをミーティングで語っている。もちろん、試合後にもこの状況についてちょっと話した。無論、我々が話したかどうかなんて、いちいち皆さんに伝えることじゃないだろう。選手を支える我々の責任を全うすることに専念しているんだよ。

 

デレ・アリに悪評が付き、審判がペナルティを与えてくれなくなるのは心配か?

ノー、ノー。私は審判を信じている。彼らはプロフェッショナルだし、彼らがファンのように振る舞うことはない。彼らはプロフェッショナルだ。彼らへの私の信頼は100%じゃないよ。200%だ。

 

 

エリック・ダイアーとダビンソン・サンチェスが日曜は良いプレーをした。トビー放出の準備をしているのか?

ノー、ノー、ノー。すべての選手が私にとって大事な戦力なんだ。トビーはとても重要な選手だよ。この4年間、いつも言ってきたことだが、一番大事なのはチーム戦力だ。私にとって最優先はチームなんだ。選手ももちろん大事だが、組織はとても重要だ。問題があっても試合には勝たなければならないからね。前回のエリック・ダイアーとダビンソン・サンチェスのように、立派にパフォーマンスを披露してもらう必要があるので、すべての選手が重要な戦力であると自覚してもらいたい。そうなればチームにとって大きな後押しになる。すべての選手が大事なんだよ。今日も明日も、次の試合もね。チーム戦力である選手全員に満足しているよ。

 

トビーは来シーズンもここにいる?

多くの噂が出回っている。彼についてだけではなくね。すべての選手にだ。監督もだね。ダニエル(レビィ会長)にだって、先週、オファーがあったじゃないかと思うよ!ファンはダニエル・レビィ会長について心配する必要はない。会長は、就任以降、素晴らしい仕事をしてくれている。多くの噂が出回っている。また別の噂を話せば、またメディアは多くの記事が出回ることになって、今日のこの記者会見はいつまで経っても終わらなくなるよ。

 

明日の夜、誰がスローインを担当する?

3ポイントが獲れたから、我々は笑っていられるね。だが、もちろんこれは話題になったことだし、彼が注目されるのは当然だ。もう二度と、あんなことはあってはいけないよ。そう願ってる。

 

ロッチデールを軽視していた?

そんなはずがないだろ。ニューポート戦と同様に、この環境下での試合はとても難しいんだ。マンチェスター・シティはウィガンで負けたし、他のプレミアリーグのチームもこの大会の雰囲気のなかで苦しんでいる。説明するのは難しいが、現実としてFAカップはとても難しい大会なんだ。下部リーグのチームの力やモチベーションを高める舞台で、あのようなことが起こってしまうんだ。

 

 

一軍はレアル・マドリーやマンチェスター・ユナイテッドに勝てるが、2軍はニューポートやロッチデールに引き分ける?

それは事実ではない。同意はしないよ。ロッチデール戦の先発をみれば、どの選手もチャンピオンズリーグでプレーしていた。トリッピア、アルデルヴァイレルト、ダニー・ローズ、ワニアマ、ラメラ、ソン、モウラ、シソコだ。

どの選手も大切なんだよ。チャンピオンズリーグでレアル・マドリーと戦った選手たちなんだ。レアル・マドリー戦を思い出してもらえば、ムサ・シソコやハリー・ウィンクス、フェルナンド・ジョレンテがプレーしていたし、ダイアー、オーリエ、フェルトンゲンにトビー・アルデルヴァイレルトもいた。シーズンを通せば、何度もローテーションを繰り返している。もちろん、「誰と誰が出ていなかったから」って言いたくなる気持ちは分かる。だが、1人や2人が出ていないから結果が決まるのではない。FAカップという環境がまったく異なるからこそなんだ。

ニューポート戦ではハリー・ケインやムサ・デンベレがプレーしたように、私は何も約束はできない。ゴールが決まって、再試合に持ち込めたことに感謝の気持ちしかないよ。誰がプレーしているからではなく、メンタリティやモチベーションがプレミアリーグやチャンピオンズリーグとは異なるんだ。

 

ウィンターブレイクは歓迎か?

分からないね。プレミアリーグはプレミアリーグだ。他のリーグとは違う。同じダイナミズムを維持することがとても大切だよ。この導入によってどうなるのかは分からない。まったく新たな試みだからね。しかし、まだ来シーズンからというわけではない。これからどうなるのか、もっと情報がないとね。様子見だよ。今のところ、私は特に意見がないね。

 

 

望んでいないのか?

スペインやイタリア、フランス、ドイツのウィンターブレイクとは異なると思う。まったく違うものだよ。文化的なものだからね。イングランドはボクシング・デーや元旦、クリスマス期間の試合を止めることはできない。イングランドで最もフットボールをプレーするのに美しい時期だと私は思っている。だが、スペインではその時期に試合があるとファンは不満だろうね。それが文化というものだ。2月だったらありえるかな。OK、どうなるか見てみようじゃないか。だが、上手くいくかどうか、私には分からないよ。

 

イングランド勢のチャンピオンズリーグ制覇に貢献する?

最も厳しい時期は、2月じゃなくてクリスマス期間だ。分からないね。とても厳しいよ。文化や慣習には勝てないんだ。プレミアリーグは本当にタフだね。ここ数年、イングランド勢がチャンピオンズリーグで勝てなかった理由がそこにあるかは知らないよ。今シーズン、どうなるかを見てみよう。しかし、フットボールにおいては分からないものだね。

 

今のデレ・アリや若き日のウェイン・ルーニーのようなイングランド人の若手は、成長のためにも周りが騒ぐのは良くない?

デレはアメージングな選手だ。アメージングな人間性と個性を持っている。もちろん、かつてのルーニーのように常に集中している。私は彼に満足しているよ。彼だけじゃない、全ての選手がそれぞれの領域で成長をトゲていく必要があるし、フットボールだけじゃなく、あらゆる状況において賢くなって、そういった雑音に動じること無く、素晴らしい目標を成し遂げるために集中しないとね。