ポチェッティーノの記者会見:ルーカス・モウラ、ジョレンテ、レアル・マドリー、アルデルヴァイレルト。マンチェスター・ユナイテッド戦に向けての記者会見でマウリシオ・ポチェッティーノが発した全コメント。

 

 

ルーカス・モウラはロンドンにいる。なぜ彼はトッテナムに適正か?

イエス。君たちのテレビ番組で私も彼を見たよ。しかし、私からコメントすることはほとんどないね。何かが起こるのであれば、クラブが動いてくれている。

 

彼は25歳。魅力的なオプションか?

まだ何も決まっていない。私から言えることは無い。

 

モウラの加入によって、フェルナンド・ジョレンテのチェルシーへの売却の後押しになるか?

それはまた別の噂だ。フェルナンドは我々の選手。そのことについて、私は何も知らない。

 

しかし、彼がトッテナムへの適応にこれまで苦しんでいるのは事実?

噂話について私は何も話さない。彼はニューポートとの試合でプレーした。他の選手たちと同様にチーム戦力の1人だ。私のプランに入ってるよ。

 

負傷したフィンセント・ヤンセンをフェネルバフチェから呼び戻すことは検討している?

いつ彼が戻るって?ノー、彼は戻らないよ。彼は負傷している。おそらく、皆さんの方が私よりご存知だろう?私は彼に夏以降見ていないし会ってないんだ。分からないよ。

 

移籍マーケット最終日に何を期待する?

あまり期待はしていないよ。おそらく何かが起こるだろう。何も断言はできない。しかし、待とうじゃないか。

 

 

クリスチャン・エリクセンとウーゴ・ロリスは明日の試合に出場できる?

イエス、彼らは招集メンバーに復帰する。リストに入ってくるよ。

 

トビー・アルデルヴァイレルトは?

ノー。彼はまだフィットしてない。

 

ダニー・ローズは?

ダニー・ローズはリストに入ってくる。彼は招集メンバー入りだ。

 

ビッグゲームを控えるが、なぜスパーズはトップ6との試合に苦戦している?

この3シーズン半、我々は戦い続けてきたと思うよ。最初のシーズンから振り返れば、5位、3位、そして2位。今シーズンは今のところ5位だ。トップ6ともトップ10とも、トップ20とも戦ってきた。特段、問題は無いと思うね。もちろん、ポテンシャルやクオリティにおいて、我々はタイトルを我々のやり方で争おうとしているし、競争力を高めようとしている。確かに、他のトップ5かトップ6のチームと比べれば、ポジティブなスタッツはあまり多くはないだろう。タフな戦いだが、我々はとても良くやっているね。

 

 

 

アレクシス・サンチェスはユナイテッドでのプレミアリーグ・デビューをこの試合で迎えそうだが、彼を警戒しているか?

彼はもちろん偉大な選手だと思っている。マンチェスター・ユナイテッドは、戦力にまた1人の選手を加えたんだ。もちろん、アレクシス・サンチェス、マタ、リンガード、ラシュフォード、マルシャル、ルカク、イブラヒモビッチ。才能を持った多くの選手がいるし、その戦力にまた新たな偉大な選手が加わったんだと私は思っているよ。

 

トッテナムにとってこの試合はどれほど重要か?

いつだって勝利は重要だよ。我々はトップ4入りにチャレンジし、戦いたいから、トップ4との差を縮めるために勝たなければならない試合だし、トップとの差も縮めていきたい。

 

モウリーニョとの対戦はどれほど楽しみ?

彼は世界最高の監督の1人だから、私は対戦をいつも楽しんできた。彼に挑むのはいつもナイスだね。また彼に会えるのが楽しみだね。

最高の監督だ。会えるのが楽しみだよ。

 

これはかつてのレアル・マドリーの監督と、次のレアル・マドリーの監督の対戦となりうるか?

(笑)。我々はこの試合に集中しなければならないんだ。私はトッテナムに集中しているし、ここでハッピーなんだ。(残り契約期間が)3年ある。以上だよ。

 

ジダンの退任によってあなたにオファーが届くのか?

(クラブのプレス担当者がこの質問への対応を阻止。これまでも続いていた、クラブへの敬意を欠いた質問を止めるように記者団に指示)

 

移籍マーケット最終日に試合があるのはどう?

あまりよろしくないことだと言う人もいる。特に問題が無いと言う人もいる。私には分からない。あまり気にしてないよ。自分の仕事にのみ集中しているからね。もちろん、ファンや皆さんにとって良いことがあって欲しいとは思っている。この1ヶ月は移籍関連のニュースに皆が心を躍らせているし、多くの憶測報道が飛び交っているからね。正直、いつも通りに我々は我々の仕事に集中しているし、チームを戦いのために強化することに一生懸命なんだよ。

 

 

1月加入のデレ・アリと同様に、ルーカス・モウラにもインパクトを期待する?

でも、デレ・アリの場合、1月に獲得はしたが残りのシーズン後半をミルトン・ケーンズでプレーしたんだよ。選手を獲得すれば、いつだって期待に応えてくれることを望むさ。選手の成功を願うし、もちろんチームに大きなインパクトを与えて欲しいよ。その期待はいつも同じだね。

 

今週は、ビッグウィークか?

カギとなるほどではないと思う。まだまだ多くの試合を控えているからね。それでも確かに、差を縮めていくために試合に勝利していくことは重要だし、この戦いは最後まで続く可能性がある。明日や日曜の試合でのトップ4のチームの結果だけがカギではないが、シーズンを終えた時の可能性を保つために、良いポジションを獲るのは重要だね。

 

ニューポート戦では残念な結果となったが、ウェンブリーでユナイテッドを迎え撃つ際はあなたのチームに気合いが入る?

我々チームの気合いが抜けていたとは言ってない。前半、あの環境に慣れるに苦労したんだ。あの試合を分析すれば、いくつかの点で我々は上手く行っていなかった。もちろん、ウェンブリーでマンチェスター・ユナイテッドとの試合となれば、チームとして同じレベルで戦えるものではないし、手を焼かされるだろう。チームは戦いの準備を整えているし、2位のチームとの差を縮めて自分たちが良い順位を獲るためにどれほど重要な試合かを分かっているよ。

 

ハリー・ケインは次がプレミアリーグで100ゴール目だが、ユナイテッド戦でいけそうか?

イエス。そうなったら彼にとって格別だろうね。私は彼がプレミアリーグ100ゴール目を決めてくれることを願っているし、期待しているよ。イエス。だが、何より大事なのは試合に勝つことだ。彼がゴールを決めてくれればOKだが、3ポイントが何よりも重要だよ。

 

 

彼は安定している?

もちろん。繰り返しになるが、彼は世界でも最高のストライカーの1人だ。このチームに彼がいるのは大きいなこと。常に彼がプレーしてるのはチームにとって重要なことだよ。

 

マンチェスター・シティとユナイテッドは莫大な資金を補強に投じている。スパーズの指揮官として、彼らに太刀打ちするのはますます困難か?

そのことに私が苦言を述べるつもりはないよ。私は何も言わない。誰もが異なるクラブにいて、異なる状況に置かれている。各々のやり方で、立ち回っているんだ。我々は我々の持っている範囲で哲学を持って、議論をしながらやりくりしていく必要がある。私は不満を述べたりはしない。アレクシスのような選手を獲得できる財力も、マンチェスター・シティのような監督の欲しい選手を補強できるだけの財力も、あるに越したことは無いが、私は不満をもらしはしない。我々は彼らと渡り合っていくし、彼らよりも上手くやってみせるさ。

 

あなたの指導力で「お金」以外の何かを提供できる?

それが我々クラブだ。我々の哲学だよ。それが我々の現実なんだ。

 

今月、シーズンが決まる?

私はそうは思わない。チャンピオンズリーグだってあるだろう。プレミアリーグも、マンチェスター・ユナイテッドやリバプールと戦った後にまだまだ試合がある。しかし、ここで良い結果を出せる自信があるし、我々は差を縮めていかなければならない。ユナイテッドやリバプール、アーセナルといった強敵と戦ってね。

 

 

選手としてルーカス・モウラの強みは?

何も言わないよ。

トビー・アルデルヴァイレルトの状態は?

さっきの発言を聞いてたか?ダニー・ローズはリスト入り、トビー・アルデルヴァイレルトはリストから外れるとさっき私が答えただろ。

まだ試合に出れるほどにはフィットしていない?

何も言わないよ。