/マウリシオ・ポチェッティーノ、ブライトン戦に向けての記者会見(動画付)

マウリシオ・ポチェッティーノ、ブライトン戦に向けての記者会見(動画付)

 

ポチェッティーノの記者会見:ルーカス・モウラ、ジョレンテ、トビー・アルデルヴァイレルト、ウーゴ・ロリス等。火曜日のブライトン戦に向けてマウリシオ・ポチェッティーノが語ったコメント全文。

 

 

マン・シティがチャンピオンになったが、今シーズンの彼らの強さは?

まず第一にペップ・グアルディオラとすべてのコーチング・スタッフ、選手たちを祝福したい。彼らはタイトルに相応しかったと思うよ。彼は今シーズンを通してプレミアリーグで最高のチームであり、最も安定したチームだ。勝利を掴む能力を持ったね。彼らは最高のチームだったと思う。多くの点で私は感銘を受けた。昨シーズンのチェルシーと同様に、その前のレスターと同様に、プレミアリーグのタイトルを勝ち獲るには最高のチームでなければならないし、安定した競争力を持ち、良いフットボールをしなければならないんだ。

 

彼らはまだまだ強くなる?

気にしてはいないよ。彼らがさらに補強費を投じて選手を獲得すれば、チーム戦力は強くできるだろう。もちろん、彼らはまたプレミアリーグで最強のチームとなれるはずだ。しかし、今日の私の関心は明日の試合に勝つこと。マンチェスター・シティがどうなっていくかを私は考えていないよ。私は彼らを祝福するし、最高のチームだと思うが、私は何も心配はしていない。来シーズンはまだ先のことだからね。

 

これで2位を目指すことになる?

トップ4入りが我々のチャレンジでありターゲットだ。トップ4でフィニッシュして、クラブに新スタジアムでの来シーズンのチャンピオンズリーグをもたらすことこそが我々のターゲットだよ。3位や4位でもトップ4に入れれば良いし、トップ4入りが我々のチャレンジだ。

 

チェルシーはトップ4争いから脱落か?3チームの争いになっている?

フットボールの世界ではどんなことでも起こりうるし、チェルシーやアーセナルのようなチームを見くびってはいけない。アーセナルが敗れたことでトップ4に遠ざかっているが、まだ何も言えないだろう。まだまだこれからも獲得できる勝ち点は残されている。

 

 

土曜日を見据えて選手を選ぶ?

14試合無敗という素晴らしい快進撃が終わった。リバプール、マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、チェルシーと戦って14試合無敗だった。選手たちの功労は素晴らしかったと思う。土曜日の試合は、我々が望んだような立ち上がりではなかったのが悔やまれる。2失点目を喫してからようやく我々チームが機能し始め、前半の残り15分はとても良いプレーをした。後半の立ち上がりもとても良かったが、我々が良いプレーをしていただけに3失点目はもったいなかったね。

とても悔やまれる試合だったが、苛立ちや悲しみは無かった。我々のレベルを上げた時に、イングランドで最強のマンチェスター・シティと真っ向勝負できるだけの真のクオリティを発揮できたからだ。だからこそ、私は未来を心配してはいない。イエス。立ち上がりの20分間は酷かったが、それ以降は本当によくやっていたので心配はしていないよ。

 

ユナイテッドも敗戦を喫して週末に対戦となるが、彼らのほうが立場は厳しいか?

他所のことは気にしてはいないよ。我々は我々のことに集中している。ヨーロッパで最強のチームの一つに敗れ、我々はとても残念な気持ちでいる。これも我々の大きな志の一部で、我々の現状や今の思いである。我々はどんな相手でも倒せると信じている。それはそれで、シーズンを通して安定した強さを発揮するのは容易くはない。これから数年の我々のチャレンジは、安定した強さと、シーズンの開幕ダッシュの改善だ。

マンチェスター・シティは今シーズン、スタートがとても良かった。我々は序盤に多くの問題を抱えていた。シーズンの立ち上がりが不安定だったんだ。我々がタイトルを望み、大きな目標にチャレンジしていくのであれば、プレシーズンから確実なスタートを切らなければならない。そこは大きな改善点だ。過去3シーズンのスタートを見直してみると、いつもそれぞれの問題を抱えていた。我々の望むレベルに達するのに、4試合、5試合、6試合、はたまた10試合を要していたんだ。そこは直さなければいけない。これまでのシーズンよりも良いシーズンのスタートを切れるように集中するつもりだ。

 

 

ウーゴ・ロリスの調子は?

私はソーシャル・メディアを見てないし、距離をおいているので私はとても幸福な人間だよ。私は選手たちがより良いプレーをするためのツールを提供するために、分析することに専念している。私にとって、ここにきた初日からウーゴ・ロリスは成長を続けている。今の時点で世界最高のゴールキーパーの1人だよ。しかし、感じ方は人それぞれだ…。皆さんの感じ方をリスペクトしなければいけないね。その手の話題を見聞きしていないので私には分からない。しかし、ウーゴ・ロリスはファンタスティックな活躍をしているし、私にとっては世界最高のゴールキーパーだ。彼に対して疑念など一切ないよ。

 

ハリー・ケインはゴールを決められなかったが….

でも、クリスチャンは決めたぞ!クリスチャンがゴールした。

 

ゴールの異議申立てへの批判がハリーに影響した?

それは彼自身に聞いてくれよ。我々が話題にすべきことではないし、ここで一日中それを話すわけにもいかないだろう。それは個人的な質問で、彼に会えれば彼に聞いてみてくれ。影響があったのか無かったのか。大きかったか小さかったかをね。我々に話せることではない。我々の問題でもないよ。

 

 

ブライトン戦でローテーションはする?

イエス、イエス、イエス。

 

週末は欠場したフェルナンド・ジョレンテは大丈夫か?

イエス。私的な問題だ。説明はできないが、今はすべてがOKだと私の口から言えるよ。もちろん、私的なこととして我々は留めておく。私的な問題であり、今はOKなので、明日の試合には招集されるよ。

 

 

シティ戦で途中出場のルーカス・モウラの活躍だけは光っていたが、明日の先発は?

おそらくもう少しプレー時間を与えるだろうね。まだこれから多くの試合がある。もちろん、今回は疲れている選手を入れ替える試合だ。タフなシーズンだったし、目標達成のためにはフレッシュな選手が必要だ。イエス。彼はハードワークを続けている選手の1人で、チャンスを掴もうと頑張っている。明日は彼にとってもう少しプレー時間を得られるチャンスとなるだろう。

 

 

トビー・アルデルヴァイレルトは明日の試合に招集される?

イエス。トビーは招集メンバーに入るよ。そして明日、彼がプレーするかどうかを私が決める。