移籍マーケットが終わって3週間。トッテナムの新加入のフィールド・プレーヤーは、全員がすでにデビュー戦を飾っているが、彼らがチームに溶け込み、最高のパフォーマンスを発揮するまでのプロセスは、現在進行中である。

 


マウリシオ・ポチェッティーノとスパーズの選手たち

 

そのために、マウリシオ・ポチェッティーノも最善を尽くしているようだ。

今週水曜の夜。チームで親睦を図るためにスパーズの選手とスタッフの総勢50人がロンドンのチャペル・プレイスにあるビースト・レストランでディナーをに出かけ、そこでポチェッティーノはご馳走を振る舞っている。

「このチームとクラブの原動力のなかに新しい選手たちが加わってからまだ数週間だからね。ジネディーヌ・ジダンがレアル・マドリーでやったような、これも新たな試みさ」

「彼はユベントスからやってきて、わずか6ヶ月で素晴らしいパフォーマンスを披露した。それまでは本当に批判を浴びたんだがね。時間の問題。必要なのは時間なのさ」

 

 

 

世界最高レベルとケインを称賛するポチェッティーノ

 

ハリー・ケインがFIFAワールド・イレブンの候補者に選出され、世界最高レベルの選手として評価されたことに驚きはないとマウリシオ・ポチェッティーノ。

「我々が獲得した選手たちが、チーム全体に溶け込んで、すべてを把握するには時間が必要だ。しかし、我々は屈強であり、私はチーム戦力に満足しているよ」

「問題は、試合において時間が必要だなんてことは言ってられないってこと。その時点で全力を出しきらなければならないんだ。優れた原動力を作り出すには時間が必要。戦術のトレーニングだけではなく、外食でもね」

「水曜、ロンドンのレストランに行ったんだ。スタッフや選手たち、全員を連れてね。最後に支払いは私がしたよ!本当さ」

「私がお金を払うときは、大金なのさ!高級レストランだし、美味しい食事に美味しいワインだった。イングリッシュ・フードとスペインとオーストラリア産のステーキ、それにアルゼンチンのワインで、これが最高なのさ!」

「大事なことだよ。『朝から戦術のトレーニングだ』と指示をするのと、『今夜は出かけて、スタッフと選手、会長と一緒にレストランでディナーを楽しもう』と言うのと、どちらがいいかね?これもまた戦術なのさ」

「ピッチの上でトレーニングに励むとの同様に、互いを知り、親睦を深め、いつもとは違うかたちで会話を楽しむのも、とても大事なことなんだ」

 


マウリシオ・ポチェッティーノ

 

「それによって気持ちと気持ちが繋がるんだ。その後に戦いに挑む時、チームメイトを助けたいという気持ちが増し、互いを大切にできるように、監督を大切にできるようになるなら、安いもんだよ!」

「大事なことさ。すべてを噛み合わせ、これまでとは異なるプレースタイルを生み出し、勝利を手にするためには時間が必要なんだ。結局は、それが大きな目的になってくる」

「チームが一丸となることをトレーニングでは目指している。雰囲気は変わっているし、これまでの出来事も大きく違う。イングランドでは、一日中、チームの皆が一緒にすごすということは無いので、難しいんだ」

「これから過密日程になる。2〜3日で1試合という日程が続き、それからインターナショナル・ブレイクだ。まぁ、厳しいよね」

「みんなが外に出て、談笑し、それぞれの雰囲気を共有し合って、とても良い日だったよ」