ポチェッティーノ監督の記者会見:ラメラについて、ダニー・ローズの将来、デンベレの回復の遅れ、他

レスター・シティ戦を前に、マウリシオ・ポチェッティーノ監督の記者会見での全文。

 

 

エリク・ラメラの最新情報は?

とても良いよ。明日の出場を検討できるんだ。今日のトレーニニグのあと、状態がよくて「準備OKだ。必要ならプレーできるよ」って言ったんだ。

どれほど大きな助けとなるか?

とても重要だよ。この先の日程が詰まっているからね。エリクがチームの貢献できることはいつだって大切だよ。

 

本人は子供が生まれたりで忙しかった?

イエス。土曜に彼のガールフレンドとの間の赤ちゃんが生まれたんだ。ファンタスティックなことだし、彼にとっては一年間の離脱の後だけに、素晴らしい出来事だね。

 

ダニー・ローズはチームに復帰するのか?

イエス。メンバーに入るよ。

 
Danny Rose applauds the fans

ウェストブロム戦で外されてどのような反応だったか?

この前と同じだよ。我々が彼のことを考えているってことをきちんと本人は理解している。ドルトムント戦でプレーした後、体調を整える必要があったと思うからね。毎週どんどん良くなっているよ。判断を下すのは常に私だ。ダニーだけじゃなく、選手全員がだ。まず選手たちのことを考える。我々が求めるレベルのパフォーマンスを発揮できるか、選手本人のためになるか。問題ないよ。ダニーは今週トレーニングをして、明日はまたプレーできる状態だ。

 

将来長期に渡って、彼はプランに入っているか?

イエス。契約が残っているほかの選手たち全員と同じくね。今は、皆がチームに含まれプロジェクトに関わっている。先週も言ったけど、将来どうなるかを、今、考えることはできないよ。

 

ムサ・デンベレがこの2試合先発していないが?

ハリー・ウィンクスが上手くやっているからね。だが明日はプレーする可能性がある。同じことだよ。怪我やトラブルで離脱が続いた後、復帰する際にはいつも注意を払っている。選手やチームのために最良の判断を下し、当然ながら戦略的な目論見もある。明日はムサもプレーする可能性が大いにあるよ。

 

タイトルレースにまだ関わっていると思うか?

前節の結果、大きなギャップになったのは確かだ。マンチェスター・シティは他のチームを引き離しているね。我々の位置は昨シーズンと似たようなところだ。ポイント数は同じ。違いは、昨シーズンはこの週にチャンピオンズリーグから敗退したが、今シーズンはグループ首位だ。もちろん、シティは昨シーズンより大幅に良くなっているし、差は大きいね。まあどうなるか見てみよう。我々は勝利を目指すのみだ。そうしなければ、挑戦者として失格だよ。

 

 
マウリシオ・ポチェッティーノ

 

今シーズンは何が成功といえるか?

プレミアリーグでそれを言うのに、今は時期尚早だよ。我々には我々の現実があり、勝利のためにベストを尽くすだけだ。今シーズンは昨シーズンとは状況が異なるが、まあ満足しているよ。チャンピオンズリーグでは、レアル・マドリー、ボルシア・ドルトムント、アポエルと言った非常に難しいグループを首位で終えた。プレミアリーグでの獲得ポイントは昨シーズンと同じだ。より上手くできているよ。より高みを目指しているし野心があるから、期待値は毎年変わるだろうがね。

アーセナル戦とウェストブロム戦の結果には落胆している。パフォーマンスを考えるともっといい結果に相応しいと思うからね。それがフットボールだ。時には良い結果になるし、また残念な結果になることもある。リーグの先は長い。常に結果の帳尻は合ってくるものだよ。

 

スパーズの成長度合いは満足行くものか?

もちろん。チャンピオンズリーグでの戦いぶりは大いに改善した。昨シーズンと今シーズンでチャンピオンズリーグの出来を比べてみたら分かるだろう。大きな成長だ。それが現実だよ。プレミアリーグだって、ホワイトハート・レーンで戦うことができないにもかかわらず、現時点で獲得ポイントは昨シーズンと同じだ。批判が言えるところは何もない。置かれている状況が昨シーズンとは異なるだけだ。毎シーズン、どのクラブも自分たちの戦力を鍛え上げようと努力している。我々も同様だよ。

我々は我々独自のプロジェクトがあり、我々のプロジェクトに手応えを感じながら進めていくまでだ。確かにもっと上手くできただろう。この2シーズン、我々はプレミアリーグのタイトルを争っていたわけだから、期待はとてつもなく大きい。今の状況は簡単ではないが、今シーズンの戦いぶりに我々は満足しているよ。

 

土曜日のウェストブロム戦での相手の「時間稼ぎ」をどう思った?

これ以上、私は話したくないよ。ウェストブロム戦の後、皆さんの仲間と話した。ラジオだったかな。審判のことや、判定のことをこれ以上言いたくないんだ。これ以上、私は口を開かないことをお約束するよ。だが、あれは審判の問題だ。我々は我々の仕事をし、チャンスを作り、ゴールを狙っている。もっと冷静になって、勝利を目指していくよ。審判のことではなくね。勝利のために、チームにより良い武器をもたらすべく、これまで以上に一生懸命に取り組んでいくよ。審判は審判としての仕事がある。我々チームの視点からウェストブロムに対しては一切の不満は無い。審判として判定を下す役割を担っている人たちなんだ。私の仕事じゃない。

 

エリック・ダイアーが審判に言ってた言葉を聞いた?

私の意見は言えない。エリック・ダイアーを支える立場だが、審判については話さないよ。

 

次の数試合をウェンブリーから離れて戦えるのは嬉しいか?

ノー、ウェンブリーの方が私は良いね。確かに3試合に引き分け、1試合に負けたのは少し残念だ。ウェストハムのスタッフと我々とで試合の後に話したんだ。彼らは、ウェンブリーでプレーするチャンスにモチベーションを高めていると言っていた。彼だけじゃないだろう。我々にしてみれば、通常以上のエネルギーを必要とするんだ。もちろん、相手にとって、ウェンブリーでプレーすることは大きなモチベーションになっている。

しかし、そういった状況が我々を強くするんだ。我々はこれをポジティブな方向に受け止めたい。我々のプロジェクトは中期的なものから長期的なものになっている。明日の試合に勝ちたいし、トロフィーを獲得したい。選手もスタッフもクラブも勝利を目指し、我々は戦う集団なのだから、我々の野心は大きいよ。しかし、優勝候補であるのと、実際にトロフィーを獲得するのではまったく異なり、それこそが我々が到達すべき最後のレベルになる。だからこそ我々は落ち着いて、リラックスして、我々がなぜ落胆しているのかを理解する。昨シーズンはあと一歩だった。あの時は不可能だったが、今シーズンこそはと挑戦しているんだ。

 

マンチェスター・シティは「タイトルを勝っている」と言われるが、プレミアリーグにとって害悪か?

ノー、彼らは本当に良くやっているよ。マンチェスター・シティと同じだけの資金を投じた他のクラブでも、彼らより下にいるじゃないか。あの位置に相応しいだけの戦いを彼らはしていると思うね。もちろん、我々は勝ちたい。この2〜3シーズンは、我々も近い位置にいたんだし、我々のやり方を続けていかなければならない。今は、首位のチームが大きな勝ち点差をつけているから、この状況を我々が変えることはできない。我々のプロジェクトやアイディアに従って進めていく必要があるんだ。我々とは違う他のクラブのパフォーマンスを我々に変えることはできないんだ。

 

ラメラの復帰は、チームを鼓舞する?

1年間、彼とは冷静に向き合う必要があった。チームにとって大事な選手えあり、試合の難しい局面でチームに新たなクオリティを与えてくれる選手だからね。

今はまだ過度な期待は金持ちだが、ハッピーだよ。彼は明日の試合で招集されるだろう。今後のチームにとって彼が重要な役割を担ってくれることを願っているよ。

 

1月の移籍マーケットが迫っているが、彼は新加入の選手のようになり、新たな補強は不要となるか?

でも、彼は新加入の選手じゃないよ?すでに4年半もここにいるんだ。新たな選手ではない。まったくおかしな質問だね。彼は新加入じゃないんだ。

もちろん、彼は我々を助けてくれるだろうが、これから我々はとてつもない過密日程を戦うので、大事な戦力だと思う。

 

ムサ・デンベレは、90分間プレーできるまでに復調している?

まだ少し調子を落としている。2〜3週間の離脱だったんだ。代表ウィークの前にようやくの復帰だった。ロベルト・マルティネス(ベルギー代表の監督)と話し、彼を本調子に戻してもらうようにお願いをしたんだ。最初の試合で45分間プレーした。どんどん調子を上げているよ。だが、もっとトレーニングに継続して取り組んでいかなければならない。それから90分間のプレーを試すんだ。彼があの土曜日のウェストブロム戦にいたら、強烈なインパクトを残してくれただろうね。