キャリアのなかで輝かしい実績を築き上げてきたフェルナンド・ジョレンテは、アメージングなクラブであるスパーズに加入したことで興奮を覚えていると語る。

 

fernando_llorente730a

 

 

「ここに来れてとてもエキサイティングだ。ハリー・ケインはアメージングなストライカーだし、彼や他の選手たちと一緒にプレーできることはとてもハッピーだよ。チームメイトのことをよく知りたいし、早く一緒にトレーニングをしたいね」

スペイン代表で2010年のワールドカップと2012年のヨーロッパ選手権を制し、ユベントスで2013−14シーズンと2014-15シーズンのセリエAを制し、2015年のチャンピオンズリーグでファイナルに進出。セビージャで2016年のヨーロッパリーグを制したフェルナンド。

 

昨シーズン、スウォンジーでプレミアリーグに初挑戦。第8節に降格圏のボトム3に沈んみ、そこで第22節まで低迷を続けることになったスワンズは、さらに第31節にも降格圏に落ちたが、最後の5試合で4勝して残留を決める。その4勝した試合のすべてでフェルナンドはゴールを記録。個人記録は、プレミアリーグ33試合に出場して15ゴールとなっている。

 
 

現在、32歳。キャリア通算500試合以上に出場しているフェルナンドは、まだまだ成長に貪欲だ。

「トッテナムに加入できてとてもハッピーだ。アメージングなクラブさ。ここに来たのはトッテナムがタイトルを獲る手助けをするため。僕が言えるのはそれさ」

 

「ここ2-3シーズン、クラブはとても良くやっていると思う。マウリシオ・ポチェッティーノのメンタリティ、トッテナムへの考え方が好きだよ。クラブのプロジェクトや哲学はアメージングだと思うね」

 

「僕は32歳だけど、日々、学んでいきたいし、ハリーや他の選手から多くのことを学べると思っている。マウリシオ・ポチェッティーノからも多くを学べるはずだし、僕はここでベストを尽くすよ」

 

「僕のキャリアのなかで、まだまだやれることはあると思う。トッテナムでそれを実現するのが僕の夢だよ」