「とにかく試合を観てくれよ。そうすればウェンブリーのせいじゃないって分かるだろ」

 

ヤンの言うとおり、スパーズは67.5%のポゼションを誇り、チェルシーの9本に対して18本のシュートを放った。しかし、そのうち2つのシュートをゴールにしたのはチェルシー。前半にマルコス・アロンソが直接フリーキックでゴールネットを揺らすと、猛攻を続けたスパーズは後半にようやく報われて同点に。しかし、またしてもアロンソが88分に勝ち越しゴールを決めている。

 
「僕らこそがこの勝利に相応しかったのはハッキリしている。 僕らは少なくとも80分間は支配していた。僕らはとても屈強だったし、ハーフタイムの時点でも落ち着いていた。『このまま勝とう、ひっくり返そう』ってね。僕らはとても屈強だったよ」

「同点ゴールまで待たされることになったけど、それが決まった時には、少なくとも引分けはいけると思ったし、僕自身は勝てると思ってたね」