チャンピオンズリーグ・グループH

2017年9月26日(火)19時45分 ※日本時間翌27日午前3時45分

会場:GSPスタジアム

Apoel Nicosia v Tottenham Hotspur

 

■負傷者情報/トッテナム・ホットスパー

体調不良のクリスチャン・エリクセンは出場停止の2人、デレ・アリとヤン・フェルトンゲンとともに、トッテナムのチャンピオンズリーグのAPOELニコシア戦を欠場。

デンマーク人のエリクセンは、日曜に体調を崩しチームのキプロス遠征には帯同せず。

ムサ・デンベレ、ダニー・ローズ、ビクター・ワニアマ、エリク・ラメラは故障で離脱。

 

■BBCマッチ・プレビュー

火曜の試合を前にマウリシオ・ポチェッティーノ監督はこう語っている。

「チームから何人かを失っていることはいい訳にはならない。クリスチャンは我々にとって非常に重要な選手だ。彼の離脱は痛いが、我々は前を向いて行くしかない。上手くプレーする道を見つけてパフォーマンスを維持し、勝ちに行くんだ」

「彼は体調を崩してロンドンに居残るが、彼の代わりにプレーする選手を信頼している。私は、選手がプレーできないからと言って嘆き悲しむようなタイプの監督ではない」

「大事なのは、チーム全体、それぞれの選手達、それらのクウォリティやみんなの努力なんだ。そして我々は勝利を目指すことのできる非常に強力なチームだ」

2月にヨーロッパリーグのヘント戦のレッドカードで3試合出場停止となった攻撃的ミッドフィールダーのアリは、その2試合目で欠場。

一方、ディフェンダーのフェルトンゲンは、今月初めのボルシア・ドルトムント戦で3-1で勝利した際に退場となっている。

トッテナムにとっては厳しいことになるだろうと、ポチェッティーノ監督は予想している。

初戦でドルトムントに勝利したトッテナムは、グループHで2位。

開幕戦でAPOELを3-0で倒したレアル・マドリーが得失点差で首位。そして対戦リストから見るに、トッテナムにとってもっともやり易い試合の1つが、このキプロスでの試合だ。スパーズの監督はこう続けてる。

「サポーターたちは勝利を期待しているだろうが、我々はチャンピオンズリーグがどんなものか、非常にタフなものだとよく分っている。この試合でも、タフな展開が我々を待ち構えているんだ」

「APOELはとても厳しいチームだ。彼らの国内リーグでの試合やレアル・マドリー戦を観たよ。いい選手が揃ってるね」

「試合を真剣にとらえて相手をリスペクトすることが大事だ。我々には勝利が必要だからね。これはとても大切なことなんだ。まず闘いに行って相手よりいいプレーをすること。そして3ポイントに相応しいのは我々だと示すんだ」

 

■トッテナムのグループステージ突破の確率は?

スポーツ統計のスペシャリスト企業グレースノート・スポーツが、チャンピオンズリーグのグループステージの残り試合の結果をシミュレーション。関係クラブの現時点での評価や試合結果に基づき、100万回もの試算を行い、それぞれのチームのノックアウトステージ進出の確率をはじき出した。

グレースノート・スポーツの分析部門チーフのサイモン・グリーブ氏は、スパーズの試算結果をこう説明している。

「ボルシア・ドルトムントに対するトッテナムの勝利はチャンピオンズリーグのグループステージ第1節で英国のクラブが残した結果の中では最高のものです」

「その結果、スパーズのベスト16進出の確率は44%から71%へと上昇し、グループHでレアル・マドリーを追い2位となる確率が最も高いチームとして、ボルシア・ドルトムントにとって替わりました。」

 

■過去の対決

  • APOELとトッテナムの対戦はこれが初めて
  • ヨーロッパの大会でキプロスのチームがイングランドのチームと戦った過去12試合で、キプロスの勝利はなし(10敗2分け)
  • APOELが前回イングランドのチームを相手にしたのは2009-10シーズンのチャンピオンズリーグ。グループステージでのチェルシー戦で、APOELで1-0で敗れたのちロンドンでは2-2の引き分けに終わっている
  • ヨーロッパの大会では、トッテナムは他のどのイングランドのチームより多くキプロスのチームと対戦している(2007-08シーズンのUEFAカップ第1ラウンドでアノルトシス・ファマグスタと。2014-15シーズンのヨーロッパリーグ・プレーオフでAELリマソール戦)。この4試合で12得点をあげ失点はわずかに3(3勝1分け)

 

■過去の戦績/APOELニコシア

  • APOELは過去12試合のチャンピオンズリーグで10敗(1勝1分け)。また近々の13試合では10試合で無得点に終わっている。直近の5試合でも無得点
  • APOELはチャンピオンズリーグのグループステージでのホームゲーム(9試合)でクリーンシートはなし
  • APOELは過去3度のチャンピオンズリーグ出場でノックアウトステージ進出は1度きり。2011-12シーズンの大会では準々決勝でレアルマドリードに敗れている

 

■過去の戦績/トッテナム・ホットスパー

  • 一方、トッテナムはチャンピオンズリーグのグループステージ参加は2010-11シーズン(準々決勝)、2016-17シーズン(グループステージ)に続き3度目。2年連続での出場は初
  • トッテナムはチャンピオンズリーグで初戦からの2連勝はなし。第1戦のドルトムント戦では、4つの枠内シュートのうち3つを得点に結びつけている
  • チャンピオンズリーグでは4試合を戦ったのみに過ぎないハリー・ケインだが、既に4ゴールを決めている。第1戦のドルトムント戦では、スパーズの3ゴール全てに関わっている。先制点をアシスト、残り2つは自ら得点