/フィンセント・ヤンセンの移籍を認めるトッテナムだが、その代役はケイタ・バルデではない

フィンセント・ヤンセンの移籍を認めるトッテナムだが、その代役はケイタ・バルデではない

Striking news | Spurs would allow Dutch international to leave the club
オランダ代表ストライカーの放出をトッテナムは認めるだろう

 

トッテナムで本職のストライカーはハリー・ケインとフィンセント・ヤンセンのみだが、妥当なオファーが来れば1700万ポンドで加入して1年しか経過していないヤンセンの放出はありえるだろう。

ウェストブロムは23歳のストライカーの行き先候補とみられるが、オランダのクラブを含め、これまで多くの移籍先が浮上してきた。

バギーズは、スパーズのディフェンダー、ケヴィン・ヴィマーも狙っているが、こちらはジョニー・エバンスのマンチェスター・シティへの移籍が成立してからになりそうだ。

 

もしもヤンセンが放出することになった場合、トッテナムは新たなフォワードの獲得を試みることはありえる。ただし、スタンダード・スポーツは、ラツィオのケイタ・バラデが現時点で優先補強ターゲットではないと認識している。

トッテナムは慌ただしい移籍マーケットの終盤を迎えることになるだろう。負傷中であるにもかかわらず、エバートンのロス・バークリーの獲得に動くことが予想されている。

マンチェスター・シティのジェイドン・サンチョやパリ・サンジェルマンの右サイドバック、セルジュ・オーリエにもまたスパーズの触手が伸びている。

フラムの左サイドバック、ライアン・セセニョンにはまだ打診をしていないとトッテナムは言い続けている。

ダビンソン・サンチェスがクラブ記録となる4200万ポンドで昨日、移籍を成立させたものの、スパーズは19歳のエストゥディアンテスのセンターバック、フアン・フォイを狙っている。