現地時間9日、ブンデスリーガ第3節が行われ、ドルトムントはフライブルクとのアウェー戦をスコアレスドローで終えた。

この試合でドルトムントにとって最も計算外だったのは、前半でマルク・バルトラとマルセル・シュメルツァーの守備陣2人を負傷で失ったことだろう。

 

ミッドウィークにはチャンピオンズリーグのグループリーグ第1節、トッテナム戦が控えているドルトムント。バルトラとシュメルツァーの出場は厳しいと目されており、ピーター・ボス監督にとってもハードスケジュールに伴う選手のマネージメントは難しい状況となっているようだ。

 

記事の詳細はこちら↓