トッテナムとアルデルヴァイレルトの契約は、現在2020年までとなっている。同選手の父親のビック氏やアドバイザーを務めるスティーン・フランシス氏は契約の見直しを求めているが、同クラブはまだ契約延長のオファーを提示していない。このことから、アルデルヴァイレルト陣営は退団も考えているようだ。

アルデルヴァイレルトの契約についてフランシスは「彼の成績を見ると素晴らしいものだとわかる。しかし、それに見合う適切な契約でなければ、移籍を考える必要もある。7、8のビッグクラブが彼とサインすることに興味を持っている。彼のようにプレーできるセンターバックは、世界にはあまりいない。しかし、これらのクラブは、トッテナムの会長と交渉しなければならない」と移籍の可能性も示唆した。

一方で、アルデルヴァイレルト本人は「僕はすべてを父親に任せている。今後数カ月に何が起きるのか見てみようではないか。しかし、すごい移籍が最近成立したことも事実だね。僕はさらに成長していくだけだ。自分自身が、だんだんよくなって来ているのは感じている。毎シーズン成長していると思うよ」とコメントした。

 

 

記事全文は ↓ こちらから。